お寺さん紹介センター

ご僧侶・寺院を無料でご紹介 TEL:03-5382-8789

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

涅槃会(ねはんえ)・・・・自灯明、法灯明

お釈迦様は紀元前486年2月15日、80才で亡くなった。(つまりキリスト生誕より約550年以上前に生まれていることになる。)前年より死期をさとったが、弟子達とともに布教の旅を続けていた。しかし、信者のささげたキノコにあたり、ついに立てなくなった。その時そばにいたのはアーナンダ一人だった。沐浴し娑羅双樹の木の間に床をとり、頭を北に顔を西にして横たわった。釈迦は別れを告げて、「涅槃」に入られた・・・。
高弟アーナンダは臨終の釈迦に泣きながら問う・・・・。「師亡き後、何をよりどころに生きて行ったらいいのですか・・。」「アーナンダよ、自灯明・法灯明だよ。」アーナンダは多聞第一と言われ、十大弟子の中でも釈迦の教えを一番多く聞いた弟子である。

「自灯明・法灯明」とは、
自らをともしびとし、自らをよりどころとして生きなさい。法(釈迦の教え)をよりどころとし、他をよりどころとしてはいけない。・・・・・という意味です。つまり、本来の自分を信じて生き、真理をよりどころとしなさいということです。

森の動物達まで悲しみにくれる「涅槃図」をかけて、作法に従って涅槃会が執り行われる。この絵は、京都・泉涌寺(せんにゅうじ)の大涅槃図である。


DSCN1016.jpg
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。