お寺さん紹介センター

ご僧侶・寺院を無料でご紹介 TEL:03-5382-8789

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

報恩講

親鸞上人は、1262年11月28日京都で90才の天寿をまっとうされました。遺徳を偲んで信者さん達が「毎月28日のお念仏」を始めたのが、報恩講のはじまりです。東西本願寺・各宗真宗の本山初め地方の寺院から在家まで、これだけ大きな広がりのある行事はありません。11月に入ったらどこかでこの仏事が行なわれています。お坊さんと一緒にお経を上げ、お説教を聞き、お斎(とき)をいただきます。つまり精進料理ですが、地方によってまちまちです。親鸞上人の布教姿を型どった料理を作ったりして、布教のご苦労を偲びます。壇信徒の心がひとえに開祖・親鸞上人の報恩に向かいます。

上は、そっくり移転した押し花材料専用本棚。右下にコンポを入れて、音楽を聴きながら作業しています。
下は、今日の押し花教室の様子。手前の席が私ですが、移転祝いに頂いたお花をそっくり再現した「カゴ入りの花束」を作成中。結構良い作品になりました。
DSCN0839.jpg
DSCN0840.jpg
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。