お寺さん紹介センター

ご僧侶・寺院を無料でご紹介 TEL:03-5382-8789

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「鈴の鳴る道」星野富弘

あけびを見ろよ
木の枝にぶら下がり
体を二つに割って
鳥がつつきにくるのを
動きもしないで待っている
誰におしえられたのか
あんなにも気持ちよく
自分を投げ出せる
あけびを見ろよ
                       星野富弘

「あけび」を果物屋さんで見かけることはほとんどない。昨年たまたま見つけて、亡父と山に取りに行った懐かしさで一パック買った。しかし初めて見た子は「気持ち悪い」と言って食べない。うそでしょ! こんなにつるつると秋の香りの果物はないって言うのに、「気持ち悪い」とは。それに皮のウスムラサキの微妙な色合いは、惚れ惚れじゃないですか!! ・・・・と、食べることばかり考えている私ですが、星野氏のような観察は、信仰者の観察として教えられます・・・。あれもこれもと用事が湧いてでる慌ただしい日々。星野氏の境地になれますやら・・・。


DSCN0826.jpg
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。