FC2ブログ

お寺さん紹介センター

ご僧侶・寺院を無料でご紹介 TEL:03-5382-8789

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「仏教伝来展」平山郁夫より「建立金剛心図」

小品の額を進呈した寺院から、「別の所でもあなたの押し花額を見た。(成道会)用に額を作ってくれないか。」という話が来た。びっくりしたが嬉しくもあり、早速調べると平山氏の絵にあるように、(苦行を止めて山を下り、菩提樹の下で座禅をして49日目に悟りを得、ニレンゼン河で沐浴をされて、村の娘のスジャータから乳粥を頂かれた・・・)その「成道」の絵を希望されている。朝方に悟りを得られたので、朝日を背にしてお姿は後光をさして輝いている。そして、菩提樹の葉を使ってほしいとの事。寺の境内に植わっているとのことで、葉を頂く事にした。で、教材の本を調べて最大の額の寸法をメールしたが、うん? 話がかみ合わない・・。なんと、先方の希望はその倍もある大きさだった。額は別注になるが・・・とメールして、しかしメールでは埒があかず結局電話して、期限は?と聞くと、来年の6月までにとのこと。よしっ、その前に手持ちの額で一枚作ってみよう。それを進呈して、イメージを見て頂こう。幸い、国立近代美術館で平山氏の絵を見、感動どころか圧倒されてしまった記憶が残っている。従って私流にしか出来ないが、初めての挑戦だとしても、やる価値はある。時間もたっぷりだ(夜なべは慣れている)。額が完成したら、「開眼供養をする」と聞いて、心身がピーンとなった。よしっ、よしっ、絶対完成させるぞ!!!!


DSCN0485.jpg
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。