FC2ブログ

お寺さん紹介センター

ご僧侶・寺院を無料でご紹介 TEL:03-5382-8789

「仏像物語」西村公朝  仏はどこに、どんな姿で。

先日アメリカでのオークションで「運慶仏」が出品された。落札されたのは「真如苑」。14億円という高額に「息が切れた」けれど、海外流出が防げて、かつ真如苑にとってもゆかりの仏で良かったとコメントが出ていた。「運慶」という希代の仏師の作品はおおくはない。人の手で身を清めて作るのだから、量産できるわけがない。仏師西村師は言われる。「正式な仏像とは、信仰の対象としての"仏教の神髄"がそこになければならない。」では、"仏教の神髄"とは何か。"慈悲"だと言う。では、その"慈悲"を仏像で表すとしたら、「手の形」で決して力を入れた表現であってはならないという。・・・・奥の深い話ですね。


DSCN0248.jpg
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する