お寺さん紹介センター

ご僧侶・寺院を無料でご紹介 TEL:03-5382-8789

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「仏教伝来展」平山郁夫より・釈迦誕生・花まつり

DSCN2255_convert_20100406210719.jpg
ほんとに「小桜橋」にふさわしい桜・・。

DSCN2258_convert_20100406210847.jpg
文京のZ寺門前にて。4月8日は「花まつり」・・お釈迦様の誕生日である。

DSCN2260_convert_20100406210940.jpg
「閻魔大王」ですと・・。梵字の下にうっすらと線書きされた閻魔様がいらっしゃる。この梵字はインドの古代文字サンスクリット語で、「あ」と読む。「大日如来」をあらわすけれど、閻魔様も「あ」だったんですか。梵字は仏像のトレードマークみたいなもの・・と解釈して下さい。

DSCN2263_convert_20100406211008.jpg
「仏教伝来展」平山郁夫より、「仏誕」1965年作。

DSCN2264_convert_20100406211029.jpg
「仏教伝来展」平山郁夫より、「行七歩」1962年作。
釈迦は生まれてすぐ七歩、あゆまれた。これは、人が輪廻するという地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の六道を越えた存在=悟った人=仏陀である、と宣言されたことを示す。つまり「約束されて」生まれられた・・のである。
しかし、生老病死から逃げられない人として悩み、29歳で出家された釈迦。なんとも人間くさいところに、私たちはほっと安心する。四苦八苦が人の道・・と思えば、一人じゃないんだ・・と周りを見渡す余裕も出てくる。

春の良き日、お釈迦様が誕生されて2500年余り。地球の誕生からすると、随分近く身近に感ずる。これから、ホントの春が始まろうとしている。心にも春を!! いつか散るまで、ずっーと心に春を!!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。