お寺さん紹介センター

ご僧侶・寺院を無料でご紹介 TEL:03-5382-8789

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

桜の武蔵野市役所前・・

DSCN2242_convert_20100331210254.jpg

何人も写真を撮っていた。
ここは三鷹通りで、武蔵野市役所の前になる。ずっ続いているような気になる桜のトンネルは、神々しくさえある。私も日中に何枚も写真を撮ったが、夕日に輝くこの写真が一番良い。つまり行きにも撮り、夕刻の帰途にも撮ったのである。

年度末、街はそんなに混んではいない。諦めている世相でもない。思慮深い・と言うのだろうか、人々は浮かれていないのだ。堅実に足下を見つめて生きている。そんな一人のうちの、私。
浮かれてなんかいない。
桜が冬の寒さに耐えて咲く様に、耐えて、やがて、咲くつもりである。(つもり・・である)

スポンサーサイト

PageTop

桜・寒気・恐竜・・・

DSCN1869_convert_20100330214605.jpg
DSCN1870_convert_20100330214647.jpg

恐竜だって、桜はうれしい。少々の寒気は何ともない。公園には人もいつもより多く来てくれるし、一緒に遊んでくれる子供も楽しそうだ。寒気で、少しでも散るのが遅くなるといいな。

DSCN1872_convert_20100330214713.jpg

大気の前線がせめぎあっている様な、くっきりとした線が見える。風情ある夕日だ。一日の仕事納めの帰途、急ぎ足になりながらもデジカメを出して、パチリと写す。リーちゃんも心得たもので、立ち止まってつき合っている。

さぁ、帰ろ!! お腹もすいたしね。
暖かいお味噌汁、作ろうね。

PageTop

「RAILWAYS 」 ・・監督・錦織良成氏(出雲市平田出身)

DSCN2233_convert_20100329212945.jpg
「ママ、きれいね。菜の花みたい。空気も桜の香りがするね・・。」

DSCN2234_convert_20100329213019.jpg
ここは北区の「飛鳥山公園」。徳川家光が植えたと言われる桜がもまなく満開になる。北区区民憩いの場である。その昔、関東大地震の際は、ここに逃げ込んだと言われている。

DSCN2252_convert_20100405004614.jpg

「RAIL WAYS レイルウェイズ」
島根県松江市と出雲市大社町を結ぶ「一畑電鉄」通称「畑電」の運転手に、49歳でなった男の話である。夢を捨てずに家族との葛藤を乗り越えて、地元で運転手になった男の生き様を、中井貴一が演じる。5月29日から全国ロードショウに決まったと新聞にも出ていた。監督は出雲市平田出身の錦織良成氏。
渾身の作品を楽しみにしている。地元も協力し、大いに期待している監督さんだ。

PageTop

「野坂暘子 介護の2000日」NPO杉並文化村

DSCN2230_convert_20100328223159.jpg

数日前の朝日新聞に、「申し込みの50名様に入場券を差し上げます」という記事を発見し、早速FAXで申し込んでおいた。NPO杉並文化村から封書が届いていたが、総会などで忙しく、さっきやっと開けてみる事が出来た。おおぉぉ!!!

「野坂暘子 介護の2000日」のポスターは杉並公会堂で見ていたし、街角でも見かけて、知的な人だなぁ・・と思っていた。もちろん野坂昭如氏夫人であることは知っている。また、脳梗塞で倒れた野坂氏の介護をされていることも知っていた。彼女の話がこんなチャンスで聞けるなんて、春からツイテいる。申し込み多数で抽選した・・というNPO杉並文化村の話は、本当だろう。良かった!!

4月9日 杉並公会堂は、絶対ハズセナイ!!

PageTop

変貌する西新宿・・

DSCN2227_convert_20100328210816.jpg
「出雲ぜんざい」とか「生姜糖」とか「湖陵町のおいも」とか、昨日の「東京いずもふるさと会」で買ったり当選したりしたものだ。いずれにしろ、田舎っぽく、なつかしい包装に郷愁をそそられる・・。

DSCN2228_convert_20100328210850.jpg
DSCN2229_convert_20100328210912.jpg
西新宿に巨大なビルが建設されている。長らく、遺跡の発掘などで空き地化していた土地だ。テナントビルとマンションになるようだ。副都心としてますます発展する新宿だけれど、不況の波は確実に来ている。活性化を願って、また新宿の景色が変わるのを楽しみにしている。都会には都会の言い分がある。私はそれを無視したりしない。ふるさとを思うのと同じに、今、住んでいるこの地を愛したい。

DSCN1843_convert_20100328210457.jpg
DSCN1851_convert_20100328210555.jpg
DSCN1848_convert_20100328210527.jpg
昨日のふるさと会でのスナップ写真。腕を組んだり肩寄せあったり、祭りの跡の余韻がありあり。
楽しかったなぁ・・・。

PageTop

「東京いずもふるさと会」総会・懇親会

DSCN1788_convert_20100327222632.jpg
総会前の「福島明也氏によるバリトンコンサート」が開催された。出雲市大社町出身の福島氏は、朗々たる声で、何曲も歌って下さった。グレードの高いオープニングセレモニーになった。

DSCN1796_convert_20100327222721.jpg
受付にて。この箱から抽選券を引いてもらう。番号が書いてあって、出雲の特産品が当たる。

DSCN1800_convert_20100327222753.jpg
勝部会長挨拶による総会。前回同様の出席者になり、感謝感謝の役員一同。何よりも晴天になって、桜がかなり咲いている事だ。外堀沿いではシートを敷いて、飲み会をしている人もいる。

DSCN1819_convert_20100327222912.jpg
DSCN1831_convert_20100327231358.jpg
余興・アトラクション・・・と賑やかに続いて、抽選会になる。終わりは、「ふるさと」の合唱もお決まりだ。あちこちと動いて、今年一番働いた(!!)日になった。もちろん仕事の電話も入るから、一人何役もしている。

終わったら、反省会兼ねた二次会。ここでも賑やかに、あーだこーだの話が進む。食べて飲んで、皆さん若いなぁ!!
さて帰宅と思ったら、カラオケに行こう!!と誘われる。もう行く人数に入っているのだ。まったく、なぁ・・と思いつつ、3曲も歌ってしまった私も、若い!!としといて下さい。

帰路の車中、達成感と開放感で、ルンルンで鼻歌もでる。春はもう頭上にある!!
と、ここまでは良かった・・。帰宅して、仕事していたら、声が出ない。枯れている。やっぱり、年だ・・・。無理せんとこ。

PageTop

「東京いずもふるさと会」総会前夜・・

DSCN2221_convert_20100326214826.jpg
雨の中、「さくらまつり」の看板が震えている・・。
市ヶ谷・アルカディアで、明日の準備のため役員集合。桜がけっこう咲いていて、とりあえずは、ホッ!!

DSCN2222_convert_20100326214858.jpg
抽選会の品、来場者へのパンフレットなど出したり入れたり。役員の皆さんの努力の集大成だ。

DSCN2224_convert_20100326214924.jpg
横断幕も完成。しっかりした作りになっている。Fさん、色々お手配下さって、ありがとうね。

DSCN2226_convert_20100326214959.jpg
お手伝い下さった役員の奥様と。いつも手伝って下さるのだ。さてさて、明日は早いから、早く寝なきゃ!!

PageTop

「満開の桜の下で会いましょう!!」・・・

DSCN2217_convert_20100325212158.jpg
真冬になった東京。ふるさと会の総会まであと二日になって、お天気がひたすら気にかかる。予報では「晴れ」だけど、問題は桜が咲いてない事・・。この寒さじゃ、桜だって嫌だよね。見に来てくれる人もいないもん・・。
ここは、新宿中央公園。木々の間から、満開の桜が見える。桜にも色々な種類があるから、もう咲きそろっているのよね。冷たい雨・・、なんか、桜がいとおしいわ・・。

DSCN2219_convert_20100325212227.jpg
ここは、市ヶ谷の外堀付近。1.5分咲きとでも言いましょうか。総会会場はこの近くの会館である。あと二日じゃ、満開にはならないわね。夏日になれば別だけど・・。ブルルッ!! 寒い!!  ヤッパ無理じゃ!!

下っ端の役員だけれど、何故か気になる。何故なら・・
「満開の桜の下で会いましょう!!  皆様の出席をお待ちしています!!」
と、挨拶文を作ったのはこの私なので・・・。

PageTop

アートフラワーに囲まれて・・

DSCN2214_convert_20100324224236.jpg
バラ
DSCN2215_convert_20100324224303.jpg
百合
DSCN2216_convert_20100324224326.jpg
ハナミズキ

すべてアートフラワーで、母の手作りである。白いシルクの布を一枚ずつ染めて、それぞれの花の形にしていく。本部は東中野の「飯田深雪アートフラワー」で、そこから材料を買って、出雲に送ると何ヶ月かして完成したお花が届く。今日の様に寒く雨も降る日は、手作業の趣味を持っておいてホントに良かった・・と、母はせっせと作っているはずだ。こんな「お花」を作れる母に、私は負けているかもしれない。せめて、おしゃれにアートさせて飾って上げよう。
老齢になっても、人に喜ばれるのは励みになる。私も「どげんかせんとあかん!!」なぁ・・。老齢目前じゃ、遅いものね・・。早め早めが一番よね。のんびりと、ブログしている場合か!?

しかし、寒っ!!  この時期「あられ」まで降るとは思わないから、ファンヒーター片付けちゃったもんなぁ・・。

PageTop

川の流れのように・・

DSCN2210_convert_20100323214230.jpg

こちらの岸は板橋区。荒川の向こうの対岸は、埼玉県戸田市になる。そして、中央に見える14F建てのマンションに8年間住んでいた・・。懐かしい・・こもごもの想い出が、この春のかすみの様に浮かんで消える。そう、「川の流れのように」過ぎて、ただ、いとおしい。
成長したとも言えない私だけれど、対岸に住んでいたときより我慢強くなった。一つの事を、少しは多角的に見る様になれた。だって、あれから随分たったんだもの・・。こうして見ると、駅に向かってマンションも多くなっている。あの頃は、あのマンションだけだったのに。人の営みが、川の様に流れて海に向かう・・。

春がすみでベールに包まれているようだけど、私は現実の背筋をゾクッとさせる悲しみからも逃げないで、岸辺に立つ花のように、川風を受けても倒れたくない。枯れ草が芽吹いて、青々となっていくように。

PageTop

末期がん・・そしてサクラ開花宣言

どうしても気になり、以前の住まいの近くのNさん宅に行った。ピンポーン・・ご主人が玄関に出ていらしたが、随分痩せていらした。
「奥様の事を聞いたものですから、お世話になった御礼にうかがいました・・。」
「ありがとう。末期がんって、本人も知っていました。手術も出来なかったので抗がん剤治療だけしていました。」

Nさんは一時すっかり痩せて、帽子をすっぽりかぶっていらしたことがあった。髪の毛が薄くなられたなぁ・・と思ったけれど、プライバシーにかかわると思って、声も掛けずじまいだった・・。
それなのに笑顔だった。転居の挨拶に行ったら、お返しに香りの良いハンドクリームを下さったわ・・。いい人こそ早く亡くなるって、ホントなんだわ・・。胸が一杯になった。春彼岸・・彼岸にいても、笑顔のNさんだと思う。

DSCN2207_convert_20100322204739.jpg
DSCN2208_convert_20100322204827.jpg
大田区南八束の「洗足池」・・いいなぁ・・楽しそう。対面の木々がうっすらとビンクに見える。サクラの木だろう。間もなく、「ビンク池」になるはずだ。三連休も、何事もなく終わりそうだ。年度末を迎え、ホントは何ごとかあって欲しいほどの閉塞感がない訳ではない。
チェンジしたオバマ大統領は苦難の末、健康保険加入制度を議会で可決させた。外遊を変更までしての執念に、外国から外交を軽くみているのか?と非難もあったらしいが、さすが動じないところは、いかにこの制度を成立させたかったかが分かる。クリントン国務大臣も、この健康保険制度確立に尽力した人だ。先進国アメリカに無かった事がおかしい位で、この点は遅きに期した。下降気味だったオバマ氏の支持率が、これで上がると言われている。
さて、日本は支持率30%に下がって、気の毒・・・。

DSCN2209_convert_20100322204856.jpg
桜・開花宣言。例年より六日早いとの事。もうこんなに咲いている。

PageTop

「サライ」谷村新司

DSCN2206_convert_20100321233612.jpg

同期会のカラオケで皆でラストに歌った「サライ」、あのジーンとした曲が欲しくて、駅前のブック・オフで買った。24時間テレビ・テーマソングで、谷村新司さんと加山雄三さんのジュエットである。

歌詞は1 ・2 ・3番ある。私的には3番が良いかもね。聞いていると、誰にもある青春とか故郷とか、ジーンとすることが全部入っているから、ジーンとするはずだわ・・。そして、聞いている深夜、ジーン  ジーン  ・・・

PageTop

中国から黄砂、襲来・・

DSCN2201_convert_20100321231631.jpg
中野通り、「さくら祭り」が始まろうとしている。この提灯が笑止だけれど、ないと寂しい、この複雑な心理。桜・さくら・サクラ・・まもなくだ!!


DSCN2203_convert_20100321231658.jpg
久しぶりの渋谷駅前。三連休の中日、もっと人出があるかと思ったけれど、そうでもなかった。みなさん、遠方にお出かけかしら。また、あの大渋滞の中、明日お帰りになるのね。

DSCN2205_convert_20100321231723.jpg
近くのビルの14Fからの眺め。遠くに東京タワーが見える。全体に黄色がかっているのは、「黄砂」のせいだ。春の嵐となった昨晩から今日にかけて、中国大陸から「黄砂」の襲来。今朝の母の電話でも、ヒドい風だと言っていたが、島根・鳥取は黄砂で車も洗濯物も被害甚大!?  地球がつながっている事は、先日のチリ地震の津波でも分かったけれど、空もつながっているのよね・・。ついでに風も・・。

PageTop

プロ野球開幕戦、始まる!!

DSCN2197_convert_20100320222048.jpg
三連休・初日の環八。混んでるのなんのって、杉並から世田谷に行くのに(となりだよ!!)、ロッテ対西武ライオンズの開幕戦が終了までラジオで聞けるって、どー考えても混み過ぎでしょ!!
運転しながらも暇なので、回りの車ナンバーの地名をメモした。
長岡・三重・とちぎ・富山・石川・長野・名古屋・和泉・福島・山梨・群馬・新潟・宮城・佐世保・飛騨・三河・那須・大阪・松本・浜松・姫路・岡崎・福岡・滋賀・仙台・・・・

私の前をずっと、96-69の車が走っている。「苦労・労苦」ってか !?
あー、もう人の真理を読むなつっーの!! 今日の風のごとく、私は荒れてるんだから。

DSCN2198_convert_20100320222113.jpg
とうとう夕刻になって、きれいな東京タワーが見えた。
まっ、いいか。ドライブしたと思えば・・・。

県外ナンバーのドライバー、もう二度と東京なんか行きたくないと思ったかしら・・。良いところも沢山あるから、混んでいない時、来てね。

PageTop

お彼岸になって・・

DSCN2192_convert_20100319211527.jpg
白米に「五穀米」を混ぜて炊くようになって、かなりになる。ご飯が赤くなってお赤飯の様になるが、お塩をちょっとかけて食べるだけでも、甘みがあって十分おいしい。しかし、ここになっていつも買う店から消えた。理由を聞くと「中国産」で農薬など使っているかも知れないから、取引を止めたとのこと。えっーと思ってインターネットで調べて「国産」としたら出て来た。注文して届いたら、生産者の名前まで入っている。安全は大切だけど「中国産」でもおいしかったのに・・と、未練がましい。何故なら、値段が3倍もする!! 国内産なのに高いって、考えたらおかしいよね・・。

DSCN2194_convert_20100319212459.jpg
心が落ち着く夕日だった。明日から天気は下り坂らしい。三連休で、お彼岸参りの人もあるだろうに・・。

DSCN2195_convert_20100319211613.jpg
帰路途中で、お花屋さんに寄った。春だし、お彼岸だから店内にはカラフルな花・花・花だ。昨日の「押し花教室」の反省もあるし、真面目に押し花作りをしよう。こんなささやかな時間が、ホッとする時間。これがお彼岸の効用かもしれない。ミニバラも少し買ったので、植木鉢に植え替えた。こんな一鉢でも春らしいベランダになるから、お花って心豊かになるものの筆頭じゃないかしら。

PageTop

「鈴の鳴る道」星野富弘

DSCN2190_convert_20100319001657.jpg

誰にでも やさしい言葉が
かけられそうな 気がする

沈丁花の香り
ただよってくる朝
     星野富弘

PageTop

押し花教室、大変だ! 忘れ物だ!!

DSCN2185_convert_20100318213903.jpg
DSCN2186_convert_20100318213932.jpg
DSCN2187_convert_20100318213959.jpg
DSCN2188_convert_20100318214026.jpg

何日もかかって下準備していたのに、教室に着いたら、素材がない!!! 家に取りに帰って50分の時間ロス・・。なんとか仕上げたけれど、他の人が素晴らしかったので、今日は敗北宣言いたします・・。ショボ・・・。

今日から春彼岸の入り。もうこんな季節なんですね。
心新たに「此岸」での精進を心がけます。そして、健やかに「彼岸」に行けます様に。
そう、健やかに、ね。

PageTop

デフレ・スパイラルに反対・・

DSCN2184_convert_20100317210911.jpg

「牛丼 並 280円」を非難はしない。しかし、先日某会社の社長さんと話した時、「適正な価格というものがあるはず。それは双方が痛みをともなわないビジネスでなくてはならない。」ということになった。
企業努力で安価にするのは良しとしても、企業悲鳴では、「良い味」になるだろうか。

なのに国際社会では、ドルより円が強く、世界的にはまだ日本はマシ・・ということになるのだろうか?
こんなに国民が不安要素を抱えているときに、政治家達はまだ選挙、選挙・・ばかり言っているようでは、政治家本人たちが馬鹿に見えて、時間をさいて投票に行く気が失せる。

DSCN2183_convert_20100317210830.jpg

自然界の作る、このエンジ色に惚れ惚れ。今日はちょっと風が冷たいが、鮮明な大気の中でパッとあざやか。私も、人を引きつけるこんな花になりたい。

PageTop

金縛り!?・・

DSCN2180_convert_20100316225147.jpg
DSCN2181_convert_20100316225214.jpg
DSCN2182_convert_20100316225238.jpg

朝の母子の会話・・
「この布団、変えてよ。」
「確かに、もう暑いわね。」
「そうじゃないよ、前々からなんだけど、この布団だと、金縛りにあって、苦しくて寝てなられないんだよ。」
「金縛り!? なによ、それ!!」
「いいよ、言っても分からないから。とにかく布団、変えて。」
・・・・・・・

春、訳の分からない事を言う人が増えた。
離党とか、新党結成とか、期待していいのか、聞き流していいのか・・・。
とにもかくにも、春を、さわやかに迎えたい。

PageTop

「胃がん」で亡くなる・・

DSCN2178_convert_20100315210205.jpg

帰路リーちゃんと歩いていたら、以前住んでいた家のお向かいの人に会った。
「あら、久しぶり! 皆さんお変わりないですか?」
「ええ、変わらずよ。」
「お宅のとなりの、Nさん、お元気ですか? いつも、お花の手入れなさっていた・」
「うーん、去年亡くなったのよ・・胃がんだって・・」
「えー!!・・・一時痩せていらして、どうかされたのかと思った事があったけれど。えー・・・」

ほんの一年の間に、世の中は変わる。人も変わる。
親切な方で、しょんぼりしている私に「どうかなさったの?」と声を掛けてくださったNさん。暮れになると「第九」の練習をされていて、きれいな歌声が聞こえて来た。私が玄関先でバラの植木を手入れしていたら、手伝ってくださったNさん。頂き物をお裾分けすると、必ずお返しを下さったNさん。朝夕の犬の散歩を欠かさなかったNさんを見て、我が身を反省した。私はほんとに犬を愛しているかと・・。「バラが咲いたから、使って。」と「押し花」をしていることを知っていらして、惜しげもなくバラを切って下さったNさん。そして、葉っぱなどがアレンジして入れてあった。

私は、あなたに何もお返しもしないままでした。
Nさん、せめて今宵、私に会いにきて下さい。

PageTop

泣く泣く削除しました・・

21年10月21日、「ウクライナ女性によるサンドアニメーション」をブログに書きました。そうしましたら日夜世界中からコメントが入いるようになりました。文章は日本語ですから分からないでしょうが、英語で書いた「サンドアニメーション」にアクセスする事が分かりました。
コメントを消すのに時間が取られます。もちろん何語かも分からない状況です。
よって、泣く泣く21年10月21日のブログを削除しました。

しかし、改めてこの「サンドアニメーション」が注目されていることも知りました。
平和がテーマのパフォーマンスです。平和への願いを込めて、泣く泣く削除しました・・。

これに懲りず、また平和がテーマの話題がありましたら、書きます。よろしくお願い致します。

PageTop

コブシの花

DSCN2177_convert_20100314211628.jpg

青空にスクッと白い花・コブシ。北国育ちではないけれど、この花を見て故郷を想う人は多いだろう。人の心にそれぞれの花が想い出としてある。春には旅立ち、新しい暮らしなど、こもごもの新世界と重なって沁みる花もあるだろう。

春を愛する人は 心清き人
すみれの花の様な 僕の恋人・・

PageTop

あなたが踏みにじる草花のように・・

DSCN2175_convert_20100313211009.jpg
「東京いずもふるさと会」の役員会。総会での役割分担とか進行とか、そこまで心配しなくても・・と言う様な事まで、話し合いが進む。しかし4回目なので、段取りは諸先輩の言われる通りにしておけば間違いはない。(あれ? なんか逃げ腰に聞こえましたか?)

問題は当日の「天気」になる・・。

DSCN2176_convert_20100313211158.jpg

「あなたが踏みにじる草花のように いつかあなたが踏みにじられるでしょう。これが因果応酬なり」

「花や物に八つ当たりする事が あなたを 本当にしあわせにしてくれるでしょうか」

駅前大通り、歩道の隅の花壇にて・・・。

PageTop

清水焼「愛」・・・

DSCN2174_convert_20100312215244.jpg

この器は「愛子」という人の「形見」のような、別注の器である。京都・清水焼で作られた物で、もう作られていないから数も限られている。従って、大切にして使わずに戸棚の奥にしまってあった。が、背の高い子は「これ、ご飯茶碗にちょうど良い。」と見つけて、使い始めた。まぁ、私もしまっていても仕方ないか・・と黙認していた。・・と、先日気づいたが、三つあったのに二つしかない。「ちょ、ちょっと、どうしたの?」と聞くまでもなく、子が落として割ったことを知った。あーぁ。

形ある物はいつか無くなる。いや、こんなところで哲学というか仏教学というか精神論というか、そんなことを言ってもそんなに効き目はない。使わなきゃ良かった・・と思っているのが正直なところだから。しかし、ご飯茶碗に実に丁度良いのも、ほんとなのだ。手にしっとりとなじんで、持つと気持ちがいい。
子の方が、目利きが良いのかしら・・・。

かくして、「形見」がご飯茶碗になって、いつか、いつか、割れてなくなる日が来るかもしれない。

PageTop

東京で「出雲力」を・・

DSCN2172_convert_20100311221851.jpg

「東京いずもふるさと会」の総会が近づいた。出席者はまだ予定に満たないので、勧誘してください・・というメールが届いた。お世話される役員さんは大変だわ・・と思って、同期の友に「来てよ!」というTELを入れた。友は来てくれそうなので、大至急案内を送ってもらうよう事務局に依頼した。

このご時世、こういう会への出席は減る一方らしい。高齢化もさることながら、生活への不安もないとは言えない。
でもね、呑気に「ふるさと会」をしているばかりではなく、活力ももらえるのだ。もう何回も聞いた「安来節」だけど、つい手拍子してしまう、この心の中は何だろう。年取ったなんて思わない、この元気さが出席させるのだ。

多くの出席者で盛会になることを願う。

PageTop

3月10日、関東大空襲から65年・・

DSCN2170_convert_20100310221114.jpg
ラジオ、TVから「関東大空襲から65年、風化させないために語る人々・・」と、年配の人が家族の「最後」の様子を涙ながらに語られる様子が流れる。10万人以上の人が亡くなり、今もって保証も何もないとのこと。戦争はむごい。戦争を知らない世代が多くなって、それはそれでよいことだけれど(ずっと一生戦争で終わった人が世界には沢山いる)、非核三原則も守られていなかった事も明るみになって、平和を維持していく努力は決して怠ってはいけない事だと思う。

DSCN2171_convert_20100310221047.jpg
ホッチキスの針を100円ショッブで買った。日本語・中国語・韓国語・英語・ラテン語・フランス語(たぶん・・)で「ホッチキス針」と書いてある。ヘェ~~どこで作ったんだろう・・と裏を見ると、made in india 。はるばるインドから100円ショップに来て、採算取れるんかぁ・・。5箱もあれば当分あるわ・・。

こんなことに感心している私は、春なのか、眠くてしょうがない。

PageTop

「レカンフラワー」教材カタログ

DSCN2169_convert_20100309211058.jpg

「寒いね・・どうしとる?」母からの電話。寒くて外に出られない日に掛かってくる。「東京も今日は寒いよ。雨に雪が混じってるもん。」と私。「アートフラワーに色付けして、また送ろうかと思うけど、もういらん?」母。「もらうから、出来たら送ってよ。」と私。アートフラワーを習っておいてホント良かったと、母が言う。材料は東中野で買って私が送っているが、元気にアートしている母は83歳になった。

レカンフラワーの教材カタログ中に講習を受けた先生の作品を見つけて、なつかしく講習会のことを思いだした。春から秋にかけて、必死でレカンを作り講習会に駆けつけた。全7回、仕事をしながらでは無理かと思ったけれど、やり遂げた。インストラクター資格を取って、これで第二の人生にするべきことがみつかったような気がした。(しかし、いつまでたっても第二の人生がやってこない・・)

寒い夜、CDかけて、経理の仕事。まったく仕事は有り難い・・。

PageTop

神田・東陽堂で「こころ言葉」清水公照師の本を発見!!

DSCN2158_convert_20100308214520.jpg
新宿西大ガードの対面に、巨大なスクリーンが出現した。今はLEDライトのテスト中らしい。いゃぁー、大きいわ・・。よそ見事故が起きないかしら・・と、ちと心配だ。少なくとも、私はわき見もよそ見もしそうである。

DSCN2163_convert_20100308214601.jpg
東京の開花宣言は、ここ九段の靖国神社の桜でされる。私が見るところ「その気にもなっていない」状況でした。今日の東京の気温、8度。まだ咲かなくても良いよ。ゆっくりね。

DSCN2164_convert_20100308214640.jpg
日米で映画の祭典・アカデミーが発表された。米国「ハート・ロッカー」と日本「沈まぬ太陽」。どちらも社会に一考を促す映画のようだ。ある意味「生きていく戦い」をテーマにしているようだけれど、見ないで感想は言えない。「沈まぬ太陽」は3時間半もかかるらしいから、覚悟して行かねばならない。さて、敵を作るかもしれないが敢えて言うと、「アバター」でなくてホントに良かった。アカデミー賞は3D作品の善し悪しであってはならない、と思っていた。社会がその映画を観て、考える映画でなくてはならない。映画技術の賞ではないはずだもの。
必ず、観に行く!!!!!「ハート・ロッカー」を。

DSCN2166_convert_20100308214704.jpg
京都・清水寺の管主(この本の時は東大寺住職だった)、清水公照師は名前を付けるのがうまかった。見込まれて五つ子の名付け親になられたこともある。文章の達人でもあった。108歳で大往生されたけれど、神田の東陽堂で「こころ言葉」を発見して購入。

文中・挨拶文より・・

私とあんた
私とみなさんとが
あいだ柄という糸で結ばれている
そういう仲での私とあんた
僕がという言いかたは
すでにあんたをふまえたうえでのこと

人の世は刻々に移り変わってゆく
人生航路を生き抜いてきたかたには
なんとしても頭があがらない何かがあるはずだ
そう気づき始めたのが中年も過ぎた頃のこと
そのころから古老のいいぐさに耳を傾けるようになった
この自分もひと歳とったということか
老母の言葉がまたしてもはっきり聞こえてくる
どんな時もどんなこともあるわいなと
爺さんの言葉には少々理屈が入ってくるが
婆ちゃんの言葉にはうま味がある
長い経験から飛び出た
珠玉のようなひとこと

サッとポンと飛び出したそんな言葉を
こころ言葉と
誰かが教えてくれましたので
みなさまにお送りいたします

平成二年二月十五日 涅槃会の日に  清水公照

PageTop

三寒四温・・

DSCN2157_convert_20100307212050.jpg

あれもこれも行ってみたい・・と入手したパンフレットを眺めている。三人の私がいたら、私の願いはほぼ叶うだろう。
仕事をする私、家事をする私、遊ぶ私。・・・なんて考えていたら、おかしくなった。ハハハ!!
なんとまぁ、子供みたいな事を!!
世間の皆さんも、こんな願望を持ちつつ、日々をお暮らしだろう。これをコントロールするのが「忍耐」というもの。「知性」というもの。というわけで大人しくパンフレットを片付けつつ、願望の実現を夢見て机に向かう。

DSCN2156_convert_20100307212123.jpg

雨の街。日曜日の道には人影もない。三寒四温・・良い言葉だ。

PageTop

渡辺淳一氏「雪舞」など・・

DSCN2154_convert_20100306221046.jpg
紅梅に真っ赤な鳥居・・。小さい狛犬がしっかり見張りをしている。

DSCN2155_convert_20100306221115.jpg
渡辺淳一氏の小説は、しっとり大人向き。しかし、現実はこんなにうまく行かない。小説の中に身を置いて、しばしヒロインになりきってうっとり・・・していたら、電話で現実に戻された。
所詮、バタバタが一番しっとり合っている私。寒暖の差激しくも、今日も走る東京の街。方々で事故を見る。これも、緩慢になる春の兆候かしら・・。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。