FC2ブログ

お寺さん紹介センター

ご僧侶・寺院を無料でご紹介 TEL:03-5382-8789

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

さだまさし「案山子」と島根県津和野市

DSCN2050_convert_20100130215905.jpg

さだまさし氏が「げんきでいるか・・」と歌った「案山子」は、島根県津和野市が原点だとか。しかし、曲を聴いた人は、それぞれの思いを込めてそれぞれの地を想像しているという。それで良い・・とさだまさし氏は言う。それぞれの心の故郷をイメージして聴いてもらえればいいと・・。それほど「案山子」の曲のイメージの地は、日本各地にあるのだ。だからこそ30年たっても懐メロにならず、歌い継がれているのだという。

この写真は津和野市。盆地の中にある。でも、何故か我が家を探してしまう様な風景。そして孤独に耐えるのは、故郷を出た者もそうなのだ・・。

私が津和野に行ったのは40年も前。市内観光、森鴎外生家、西周生家などに行った記憶がある。かき氷がおいしい夏だった。蔵を改造した喫茶店などがあり、若い女の子達が沢山観光に来ていた。静かな城下町の雰囲気が、今も思いだされる。私は変わったけれど、津和野は変わらないだろうなぁ・・。

スポンサーサイト

PageTop

簡単操作ガイド

DSCN2047_convert_20100129224716.jpg

NikonCOOLPIX s620をオークションで入手して、一ヶ月。「画像縮小」が出来なかったので、使わなかった。「しかし、まてよ、同じCOOLPIXでそんなに違う訳がない・・。」と簡単操作ガイドをめくってみた。なんと!! 同じで良いではないか。私は何をそんなに勘違いしていたのか・・。「簡単」を難しく考えていた。

試しに写真をアップしてみたら、なんてことはない簡単だ。Nikonさん、いっそ「馬鹿でも使える簡単操作ガイド」にしたら、読むかも知れません。マニュアル本と聞いただけで、拒否していた私にも未来が開けた(オーバーか?)ような気がする・・。

なんでもはじめっから、駄目だししちゃあいけないのよね。頭が固くなってくると、自分で考えなくなる。で、余計に固くなる。馬鹿にも分かるように書いてあると思えば、まず一ページを開けよう!!
オープン ザ ドアー!!

CDコンポから、「乾杯」が流れている。口ずさみながら「友」を思う。あと2週間で同期会だ。このデジカメ持っていこう。頭が固くならないように、みんなに会って童心にかえる。楽しみだ。こんなささやかなことで微笑みが湧く幸せ。

PageTop

杉並太郎・花子の議ーーめざせ! 減税自治体

DSCN1775_convert_20100128214437.jpg

「めざせ! 減税自治体」は弘兼憲史氏の漫画でストーリーが進む。
苦しい財政にあっても、無駄をなくして将来のために積み立て蓄えを作り、やがて減税していって税金(市民税)のない区を目指そう!!・・・という趣旨だ。

以前より広報などで知っていた。いいじゃん!! やろうよ!!
私は当分杉並区民でいるつもりである。

PageTop

お通夜とハローワークと徴兵制度???

DSCN2046_convert_20100127214659.jpg

お通夜に参列して来た。お若い方だったので、会葬者も多く、男性が多かった。お焼香後、お斎(とき)の場でお料理を頂いた。その時の相席の方の話・・・

「あれ? 久しぶりだね!」
「去年定年退職して、ハローワークに行ってるんですよ。いゃー、ハローワークに行って、びっくりしました。若い人が多くて、自分なんかに仕事回って来ません。回って来ても、若い人に譲ってやりたいぐらいですよ。」
「若いやつがうろうろしてるから、駄目な国になるんだよ。徴兵制度にして、若いやつに国を守らしたら良いんだよ。戦争地域に行かして、少々の犠牲が出ても、かまやしないよ。カツ入れなきゃ駄目なんだよ。」

私は早々に立ち上がった。話した人の顔も確認しなかったが、二度と会いたいとは思わない。この人は、この話を自分の妻と子にもしているのだろうか。

こんな人がいるから、女たる私たちはしっかり者になり、世を憂うのだ。また今宵「しっかり」が肩に乗っかった!!

PageTop

京王バス「アートギャラリーバス」

DSCN2018_convert_20100126202456.jpg

うん!?  
午後のけだるい時間、隣に大型バスが停まった。「みんなの絵 展示中 アートギャラリーバス」おっ、おもしろい!! 次の信号まで追っかけた。運良くまた隣に停車。車外に出て、横から写したけれど、「京王バス」さん、これグッドアイデアよ!! 座布団10枚。
窓に小学生の絵が貼られている。反射してちょっとみづらいけれど、中にも貼ってあるのかしら。市民参加型バスなんて、おしゃれ。反射の問題、解決方法ないかなぁ・・。赤信号になったので「さよなら」したけれど、今日初めてお目にかかりましたので、「京王バス」さんに頼まれた訳ではないけれど、ご紹介の程。

政権が変わって良かったことは、政治を市民でも語れるようになったこと。死活問題にまで迫った暮らしを守るため、政治家ばかりに任せておけないと気づき始めた。デモ権を公使せず、論戦で国を替えなければ・・。・・・一人でブツブツつぶやいてニュースを見ている私です。

PageTop

国の借金 973兆円 !?

DSCN1776_convert_20100125224428.jpg

10年度末に国の借金973兆円!!って、そんな泥船みたいな日本国になってどうなっちゃったの??
わたしの小さいお財布の方がまだ健全だわ・・。
この赤字国債を中国がそっくり買ってくれたりしたら、アメリカみたいに中国に何も言えなくなる。
経済力のみが国力ではなく、文化度も人間力ももろもろが世界をリードする国力であるべきなのに。
日本は資源に乏しく、知力技術力で敗戦後を諸先輩達がはい上がってきた。
国連の常任理事国にもなれなく、必死で途上国に援助してアビールしてきたけれど、この借金ではやがてそれも出来なくなる・・。

車にNikonデジカメを忘れて来た。新しいNikonはまだ使いこなせないので、古いのを出して来た。工夫すればなんとかしのげる、このブログへの頑張り!!

日本よ、国民は諦めてないよ。愛国心ってほどじゃないけれど、大好きな国に変わりはない。

PageTop

伊豆シャボテン公園

DSCN2016_convert_20100124213543.jpg

もう6年も前になる。仲の良いご夫婦3人で伊東に行き、レンタカーを借りてアチコチに行った。小涌園に泊まって、翌日伊豆シャボテン公園に行ったときに、好きなシャボテンを好きな鉢に入れてくれるサービスで、これを買った。ご夫婦にも同じ様なものを買ってあげたけれど、あれから一向にシャボテンの話が出ないのは、さては、枯らしちゃったかも・・・ね。私は忘れた頃に、ちょろっと水をやっていたら、こんなに大きくなって「差さえ棒」が必要になったきた。

水をやりすぎては枯らし、忘れては枯らし、生き物の面倒は難しい・・。

PageTop

日本橋「島根館」と「竹久夢二展」

DSCN2008_convert_20100123220720.jpg
日本銀行本店。お札をどんどん刷って、デフレを止めたら?と言う意見もあるらしいけれど、実体が伴わなければ意味がない。

DSCN2009_convert_20100123220750.jpg
日本橋「島根館」は大繁盛していた。ここで「シジミラーメン」の塩・醤油・味噌味を買った。これ、おいしいのです。スープも薄味で、アッサリ系。麺は細いけれど、適度な堅さ。

DSCN2011_convert_20100123220825.jpg
「島根館」隣の「主水・もんど」で、「関東湖陵会」役員の新年会。もう何度目の新年会やら・・。とにかく集まり好きの人たちの集まりです。山陰海岸で取れた魚介類を提供しているお店。当然お酒も地元の焼酎などなど。

DSCN2012_convert_20100123220854.jpg
「主水」の前で、可愛い鯛焼きを売っていた。チョコレートがホカホカと入っていて、なんだかバレンタインを意識しているような・・。一口サイズで、おいしかった!!

DSCN2015_convert_20100123221009.jpg
向かいの三越新館の7階で「竹久夢二展」をしていて、のぞいて見た。女性同士二人で見ていたら、肩を叩く人がいる。振り返ると男性諸氏も見に来ていた。「珍しいね。やっと芸術に目覚めたの?」なんて冗談を言いつつ、一緒に観覧。

DSCN2013_convert_20100123220921.jpg
ここは日本橋。東海道の出発点。この上を首都高が走っているが、撤去して元の日本橋に戻そうという意見がある。取るって言ったってどうやって??と、上を見上げる。確かに上り下りの高速の間に橋の欄干が飛び出している。観光都市としては、由々しきことかも・・・。

DSCN2014_convert_20100123220947.jpg
やはり芸術より、カラオケのほうが良いらしい彼らに強引に(!?)連れて行かれたカラオケボックス。久しぶりに3曲歌った。ランキングがあって、歌った「夢追い酒」は140番中90番になった!! よかったぁ・・ビリでなくて。一時間のはずが2時間になって、カロリーも消費した。と、東京駅で今度は沖縄料理店に連れて行かれた。お酒が好きなのか、話足りないのか、たまにつき合ったので物珍しがられたのか・・・楽しい新年会になって、ルンルンで帰宅。
恐る恐るリーちゃんの様子を見ると、すねていなくてホッとした。また布団に穴を開けられていたら、たまらないもの。

PageTop

ピンクの口紅

DSCN2007_convert_20100122202253.jpg

久しぶりに友人に電話してみた。
「元気してる?」
「元気は、元気。ねぇ、Tさん大腸がんで亡くなったの、知ってる?」
「えっー、知らない。いつ?」
「去年、11月。余命二ヶ月って言われて、そのとおりになったんだって・・。」
「あら・・、まだ若いよね・・。」

帰路、急にピンクの口紅がほしくなり、一本買った。生きていることだけでも、儲けもの。女は口紅をつけて生きていることを実感するとしたら、なんと安上がりな、そしていじらしい(!)生き物だろうか・・。明日のことは分からない。しかし、ピンクの口紅をして冬空の雲を眺め、それだけで十分に幸せであることをかみしめる。いつも日がさすとは限らなくても、この雲はいつか流れていく。この口紅を使い切ったころ、一年がたってまたこの冬空を眺めていることだろう。

PageTop

母さんが夜なべして・・・

DSCN2006_convert_20100121235934.jpg

リーちゃんに留守番させた。寂しくて、子の布団に潜り込み、布団をチュッパチュッパ吸っているうちに、綿がはみ出して来た。何、これ?? ズルズルと綿を引っぱりだした。・・・子はだいぶんたってからそれを見つけ、綿を「ゴミ」として捨てた。私が帰宅したら、布団には穴が開き、ペッタンコになっている・・。

もう、二人を蹴っ飛ばしたい!!  綿を「ゴミ」にすることはないでしょ!!
深夜、別の綿を布団に入れて、穴を縫った。こんな馬鹿な子ばかりで、深夜疲れ果ててるのに夜なべして、何なんだ!! 少しは休養をくれ!!

PageTop

年初の押し花教室

DSCN1999_convert_20100121200136.jpg

今年第一回目の押し花教室。頭で考えるのと平面の絵として考えるのでは、まったく違う。図面をトレースしている訳ではないので、変わった方が良いかもしれないが、この作品の出来は65点かなぁ・・。おかしいなぁ、もっとすっきりとなるはずなのに・・・。

DSCN2005_convert_20100121195934.jpg

アイデアは、煮詰まる。参考にコンクール受賞者の方の作品集を見たら、余計に煮詰まった。ストレス解消と言いつつ、やはり良い作品を作りたい。かろうじて、色紙をカッティングした紙を桟のように置いて、締まった感じにした。寒いと右脳の回転が遅い。来月こそ!! と、毎月思う。「休まないこと」を目標にして今年も挫けず続けよう。

最後の片付けの時、先生と二人になった。
「先生、今日みたいに欠席が多いとギャラリー借り料、困りませんか?」と聞くと、
「ほんと、ギリギリだね・・。」
「教室を開いているとき、生徒募集って張り紙でも出したらどうでしょう?」
「進んでいる人と新規の人、同時にはきついなぁ・」
「Oさんとかだったら皆で教えるから、先生は新規の人に掛っきりでもいいですよ。」
「うーん、ここはこれだけにしょうと思ってるんですよ・・。」
「・・・」
分からないところで歯車が回っている。しかも、後ろ回転だ。
優しい先生は私たちのささやかな幸せのため、「来月もね。」と言って下さる。私にできることは何だろう・・・。

PageTop

インストラクター研修会・・眼の毒だわ・・。

DSCN1997_convert_20100120214749.jpg

「2010{押し花}IN研修会&オリジナル勉強会 開催スケジュール表」
ふむ、ふむ・・と見ていると、出席したい会が6回ある。インストラクター専科だから、ステップアップのためには必須の会だ。もう1月は終わってしまったので、あと5回だ。あーぁ、無理かなぁ・・。一日がかりの講習会のためには、二日がかりに仕事をこなしておく必要がある。多忙時のさっぱり予定の立たない時の、この案内は眼の毒だわ・・。

「篤姫」じゃないが、「女の道は一本道でございます。引き返すは恥でございます。」・・・そうそう幸せが転がっているはずはない。仕事で十分幸福感を頂いていて、これ以上は分相応に少しずつにしておかねば、罰が当たるわ・・。

PageTop

資料作成・・セッセセッセ!! モクモク!!

DSCN1992_convert_20100119211634.jpg

夕食後そして仕事を終えた後は、モクモクと資料作りに励む。読みやすい資料を作り、コピーする。ひたすら黙々と。A4の大きさになった資料は、今までも各方面で重宝された。紙一枚なら、5分で読める。この5分で読める資料のために、何年も掛かって作ったファイルがある。

新入社員は、営業つまり利益を上げる講習のみで現場に出され、仏教の原点を勉強する時間がない。仕事の合間に読める資料はためになると喜ばれた。実践に役立つだけではなく、教養として身に付いていれば説得力が違う。若い社員の吸収は早い。私はドンドン資料を作り、彼らの役に立ちたいと思う。資料を作りながら、私自身もどれだけ勉強になったことか、有り難いことだと思っている。

周りを見渡せば、資料の根源は山ほどあり、困ることはない。
セッセセッセ!!
モクモク!!
時間よ、停まれ。

PageTop

三日月は・・星は・・

DSCN1990_convert_20100118205100.jpg

もっと気の利いた写真のターゲットはあったかもしれない。ただ、考え事をしたりしているうちに帰宅の途につき、気づいたら天空にはまさに正しい三日月が光っていた。
左にかすかに光るのは星。星にも名前があるのだろうけれど、私には分からない。しかし、あたかも寄り添うよう光っている星を(いつもそうだったかもしれないけれど・・)、見過ごせなくなった。

君が生まれたのは朝方だったから、疲れた私はそのまま眠ってしまった気がする。対面したとき、どの親もそうなように、我が子をお地蔵様の生まれ変わりかと思うほど神々しく思ったものだ。もちろん君はお地蔵様ではなく、やんちゃなお猿さんだった!! ・・・昔のことって、なんでも良く見えるね。手の届く想い出が、両手にいっぱいあるよ。

君は寄り添っているね。あの星のように。あんなに立派な三日月になれたらいいけれど、母なる私は凸凹のお団子の様なお月様。君のところからもこの三日月はみえたかな・・。

PageTop

本田宗一郎の言葉・HONDAの根源

DSCN1989_convert_20100117224908.jpg

移動する乗り物にこだわった理由を、こう語っています。
「どんなに電話で話しあっても、人と人がじかに会って話をする、手を握りあうということにはかなわない。
電話をかけながら相手の姿が見えるようになっても、やはりおたがいが直接会いに行くという行為はかわらないだろう」

移動する喜び・・・それは今もホンダの根源です。
                          (以上、HONDAmagazineより)


いい男って、どうしてこんな良いことを言うのだろう!!
人間関係にも男女関係にも言える、言葉。
何を隠そう、私の旧姓も本田・・。
関係ない !? すみません・・。

PageTop

オープンエアーの「はとバス」が行く・・

DSCN1986_convert_20100117205344.jpg

この「はとバス」には天井がない。360度、下も上も見ることが出来る。雨の日は傘をさせばいいわけで、寒ければカイロでもすればいいわけで、なんとも楽しそうだ。何年も前から乗ってみたかったけれど、まだ果たせていない。東京にいると、いつかそのうち・・で日が暮れていく。人が運転してくれて色々なところに連れて行ってくれる・・それだけで満足なのだ。とりあえずどこでもナビがあれば車で行けるけれど、あっちを見たりこっちを振り返ったり、運転してもらって行ってみたい。「はとバス」には色々なコースがあるけれど、「ただ走るだけ乗るだけのコース」を希望。景色ウオッチングがしたいから・・。

そのうちそのうちで、日が暮れる・・。平和な証拠としておこう。

今日は淡路・阪神地震から15年。阪神高速が崩れ落ちた映像が、信じられなかったのに。

PageTop

「東京いずもふるさと会」役員会

DSCN1984_convert_20100116213518.jpg
今年初の役員会は、ほとんどの役員出席で始まった。3月総会に向けての諸準備が始まる。年会費はかなりの人が未納。これを解消するのは難しい問題だ。会の運営は、若い人の勧誘にも掛かっている。新規勧誘が難しいのは、どこの会もだろう。アトラクションをどうするかも、ケンケンガクガク話し合われる。私は、連日の会合などで疲れ気味・・。ほとんど何も話しをしないで、傍観者となった・・。

DSCN1985_convert_20100116213545.jpg
自費での新年会。時あたかも小沢氏秘書逮捕などもあり、時勢の話し、持病の話しと広範囲。私も電車で行ったので、ワインを頂く。それにしても皆さんどこから出るのだろう、その元気は!! モバイルの充電が切れたので、早めに失礼する。外は、ゾクッとする寒さ。あまり夜に外出しない私にとって、冬の風は骨身に沁みる。しかし、寒さはこれからだわ。体力温存、意志温存。継続のために、自分のコントロールは最重要課題。

PageTop

杉並区長・山田宏氏

DSCN1981_convert_20100115202836.jpg

「荻窪法人会・新年会」に出席。会からはチャリティコンサートとか健康談義とか色々な案内が届くが、90%は欠席。せめて新年会ぐらいは・・・と思ったのである。
来賓挨拶の中で、杉並区長・山田宏氏の言葉は力があって良かった。松下政経塾出身なので、松下幸之助氏との会話などは興味をそそられた。「目先のことに走るな」は、含蓄のある話しだった。目先のことは社会の役に立たないことが多い。子孫の繁栄にも結びつかない。・・・・などなど、話しは続いたけれど、「目先」の料理とビールが気になりだした。来賓の挨拶が4人も続くと、立っている身には辛い。今日は15日で、「明けましておめでとうございます」は大人としてもちょっとおかしくない?? いやいや、屁理屈はイカン。年寄りの証拠だから。

かくして、90分で終わり。隣の方が気を利かして人と引き合わせて下さるが、「お仕事は?」と聞かれると、実に説明しづらい仕事と改めて自覚する。婦人部の方が「ぜひ婦人部へ!」と言って下さるが、私の感覚は婦人意識がないので、パス。ごめんなさいね、ハイキングとか興味がなくて・・。それ以前に「群れること」は苦手なので・・。いゃ、はっきり言って、女同士じゃつまんないっしょ!!

PageTop

西方極楽浄土思想・・

DSCN1976_convert_20100114215331.jpg
DSCN1978_convert_20100114215358.jpg
DSCN1977_convert_20100114215420.jpg

埼玉県新座市から東京都清瀬市に行く、志木街道。ケヤキ並木の両側には色々な彫刻が展示してあり、「よそ見」しないではいられない街道だ。
正面の大きな、刻々と沈む夕日に、「西方浄土に極楽がある・・」という考えを素直に納得する。信仰はただひたすら信ずることだ。こんなときだけ、やたら素直になる私は、それはそれでいいじゃないかと思う・・。

DSCN1979_convert_20100114215447.jpg

リーちゃんが私の顔をじっと見上げる時は、「窓を開けて! お外が見たい。」という合図。窓を半開すると、外気がどっと車内に入ってゾクゾクする。私が帽子をかぶる訳はここにもある。じっと外を見て、気が済むと膝で眠る。リーちゃんはそれで良いけれど、私はすっかり眠気も吹っ飛ぶ・・。凸凹コンビが、今日も夕日に向かって走る。

PageTop

久しぶりにお花屋さんへ・・

DSCN1975_convert_20100113214552.jpg

昨年末、寂しいベランダ用にミニシクラメンの鉢を買ったけれど、押し花にもレカンフラワーにも出来なかった。夕方お花屋さんで少しのお花を買って来た。食事を作って、洗濯物を片付けて、仕事をこなして・・、やっとマイ趣味に掛かれる時間は、10時になっていたが思い切って取りかかった。一つ一つ花弁を切って、押し花乾燥マットに入れたり、レカン乾燥ジェルに入れたり。今日ツタヤで買って来たCDを聞きながら、時間の感覚が徐々に薄れて何時間でも下処理が出来そうだ。この「下処理」が時間が掛かる。出来上がりまで何度か様子を見て、完成の押し花・レカンフラワーは、花びら一枚もいとおしい。
手作り作品には、作り手の心遣いと愛情が掛かっているので、金額にすると高いかもしれない。制作者はお金には換算出来ないほどの思いを掛けているのだけれど・・。さて、これらが出来たら何を作ろうかと、楽しみ倍加。多忙の中でも打ち込めるものがあって、疲れていられないのだ。次の講習会も待ち遠しくなる。

PageTop

「仏陀は生きている インド紀行から」梶原重道著

DSCN1969_convert_20100112222258.jpg

久方ぶりの雨。都下では初雪も降ったとのこと。雪といっても北国の方には申し訳ないほどの雪だけど。寒かったけれど、バーバリーのコートをしっかりと着込んだら、なんともない。新型インフルエンザは、どこに行ったのでしょうね?

DSCN1972_convert_20100112222413.jpg

いつものように神田神保町にて購入。何年も前になるけれど、一気に読んだ記憶がある。著者の梶原重道師も発行人の鵜飼隆玄師も立派な方でいらした。お名前しか存じ上げないが、浄土宗本山知恩院において、功績の多かったおふたりである。この本の中、カットもスケッチも梶原師によって書かれている。それがお上手なのだ。お人柄がにじみ出る、ほのぼのとした絵。昭和41年4月8日発行、「花祭り」の日である。

若い住職さんの来訪あり。これからの人だ。笑顔が爽やか。仏心は、こんな笑顔にあると思う。

PageTop

朝日歌壇 2010/1/11 月曜日(成人の日)

DSCN1967_convert_20100111230609.jpg

社員三人鬱病となしし社に勤め十六年をくたびれ果てぬ   (仙台市) 坂本えい子

われはわれにもはや発見なきものを床屋がみつける円形脱毛症  (和泉市) 長尾幹也

自死防ぐ討論会は何一つ結論は出ず静かに終わる  (塩尻市) 百瀬 亨 


心の襞の深淵は、かように深い。それでも一歩一歩を進む人に、温かい春がやって来ますように、祈りたい・・。ほんとに日も一日ずつ長くなって、春に近づいている。心にも春が来ますように。今日の成人式帰りの着物姿の娘さん達を見ていると、華やかで春のようだった。愛されて育って、良かったね。親の願いは、その着物の重さと同じ。春を一緒に迎えよう!

PageTop

「お地蔵さまの本」「観音さまの本」 絵馬師 殿村進

DSCN1966_convert_20100111205437.jpg

怠れば転ぶと
弟子への師のさとし
人も心棒
独楽も心棒

DSCN1965_convert_20100111205410.jpg

人生は
寒梅のごとし
あえて風雪をおかして
        ひらく


神田神保町で見つけた、私にしては上出来の本探し。裏表紙に「大本山 増上寺」の朱印が押してある。これがご縁というものである。感謝。もう10年も大切にしている本である。

PageTop

NHK大河ドラマ「龍馬伝」

DSCN1961_convert_20100110214916.jpg

紅白はともかく、大河ドラマは見る。「天知人」も毎回楽しみで、人はかくも苦悩しながら生きていくものか・・と劇中人物になって見ていた。今年は「龍馬伝」。福山雅治がそもそも大好きだから、8時には、彼に会いにNHKにいくのだ。制作サイドは反響の多さ良さに、成功をすでに確信しているらしい。良いよ、確信しても!! TVをあまり見ないのに、「笑点」と大河は別。庶民の楽しみを大いに満喫して、一週間の始まりとする。
DSCN1962_convert_20100111002834.jpg

今日も迫真の演技で、キャスティングの妙は、一年間を楽しむにあまりある。良い脇役なくしてドラマにならないことを、日常の生活でも感じさせてくれる良いドラマではないか。視聴率も絶対に下がらないはず。一家が集まってTVを見て、歴史や人生や生き様を話すのは、何よりの教育だ。

DSCN1963_convert_20100111003006.jpg

応援してるよ、福山君!!

PageTop

石川啄木集

DSCN1958_convert_20100109233416.jpg

石川啄木集・一握の砂より

「さばかりのことに死ぬるや」
「さばかりのことに生くるや」
よせよせ問答

高きより飛びおりるごとき心もて
この一生を
終わるすべなきか

わがこころ
きょうもひそかに泣かんとす
友みなおのが道をあゆめり


若き日、壁に大書したのを貼ったっけ・・・。その私の部屋も建て替えられて、今は無い。冬の夜、しーんとして昔の本をひっぱり出す。静かな時、これも悪くない。「勝ち組」の本はどうしても読む気にならない。日の丸のJALが破産宣告されたりの世の変わりようを思えば、我が決めた道であれば、それの道を進むことに異存はない。
 

PageTop

仕事日和、同志と共に・・

DSCN1953_convert_20100109221424.jpg

仕事日和、同志のリーちゃんとともに今日も走る。「ママ、ケーキ屋さんよ。でも虫歯になるから、止めとこ・・。」

DSCN1954_convert_20100109221453.jpg
DSCN1955_convert_20100109221520.jpg

東中野の「飯田深雪アートフラワー」へ、母の依頼で買い物に。いつ来ても故深雪女史のロマンを感ずる。我が家にこんな階段があったら、一日中でも座ってお茶していたい。

DSCN1957_convert_20100109221544.jpg

日中の東京には、「智恵子抄」の智恵子じゃないけれど、「東京には空が無い」かも知れない。寒気のおかげで好天続きの太平洋岸だけど、ビルに寸断されたり、高速高架にさえぎられたり、白濁したような空の時もある。しかし夕焼けになると、途端に心奪われる時がある。西方浄土信仰が起きるのも、ぬべなるかな・・。デジカルのシャッターチャンスが無限にある。一日に感謝して、南無。

PageTop

青梅の梅の木「植物ウイルス」に・・

DSCN1951_convert_20100109012603.jpg

「植物ウイルス」にも色々あって、稲も大被害になることがある。今回は、青梅の梅の約1万本のうち1500本も伐採されるという・・。育つまで年月が掛かっただろうに、気の毒なことだ。

昨年4月ごろ青梅に行った時、「吉川英治記念館」で色紙を買った。

我以外 皆 我師也  われいがい みなわがしなり

という言葉が書いてある。その色紙を入れる袋の「題字」が、川端康成、となっていてかすかな驚きがあった。吉川英治氏の尊敬する川端氏だから。

何故か気になって、夜半にブログを書く・・。

PageTop

政治を語る女性になりたい・・

DSCN1949_convert_20100108215123.jpg
三連休前、一向に前に進まない山手通り。この中には金策に行く人、危篤の肉親の見舞いに行く人、色々だろうなぁ・・と思う。人も車も色々なんだ・・。
JALは、とうとう会社更生法適用になった。同期にJALの元パイロットがいて「年金どころか、退職金も心配だよ。」と言っていたけれど、「日の丸付き」でも破産するのね・・・。出雲空港はJALしか飛ばないけれど、これから変わるのかしら・・カーラジオを聞きながら諸行無常の世を思って、我が身が変わったってちっともおかしくない、と妙に納得。

DSCN1948_convert_20100108215058.jpg

日本の政治の世界には、女性が少ない。先進国としては、少なすぎるという。女は政治の話しなんかしないで、可愛くしていた方が良い・・そんな風潮もあるのは確か。選挙権があるのに、選挙に行かない女性もいる。もったいない!! 話そうよ。 もっともっと、主張しようよ。私は納税者としての責任を果たして、女同士で政治を語りたい。マスコミ情報より、自分の五感で感じたい。生きていくって、ヤワじゃできないのよ。政治が大切だよ。

バックミラーに綺麗な夕日が映った。東に向かって走りながらデジカメを後ろ手に持って、パチリ。西に向かって帰宅する頃には、夕闇になっている。寒波の夜、今宵も。

PageTop

赤富士と天気予報・・

DSCN1945_convert_20100107210600.jpg

カーナビが付いている車は、これで3台目。初めは使い方も面倒で使用説明書も開かなかったのに、今じゃ、カーナビ無しの車はカーじゃないと思う。遠方に行った時自宅に何時に帰られるか、必須時間である。これによって、家庭の平和も保たれていると言っても、過言ではない。「帰りは7時過ぎるから、夕ご飯作っといてね。」と、早めにTELして楽が出来るのだ!!

DSCN1946_convert_20100107210702.jpg

建物の間から、富士山!?
雲が富士山の形になり、夕日が当たって「赤富士」になっていた。とても綺麗だった。
このアングル、良いでしょ?
環八で。

気象庁の天気予報は大いに外れ、暖冬から寒波豪雪の恐れあり、に変わった。それ、変わり過ぎでしょ!!と突っ込みを入れたい。山陰で一人暮らしの母は、お正月など寒くて外にも出られないと嘆いていた。ほんとに自然相手は仕方ないか・・・。

PageTop

Y君へ 今年は君の年ね。

DSCN1943_convert_20100106221609.jpg

昨夜の新年会は、楽しかったよ。もっともっと本音トークがあるだろうけれど、そこは大人だもの、しっかり自制していたね、皆は。立派だよ。 Y君、君の話しもでたけれど、悲観している人はいない。みんな君は幸せに暮らしていると、思っている。そうだ! そうだよね!?
暖冬だと言っても、冬は冬。風邪ひかないで、ビタミンとってね。
今年は君の年。きっと良いことがあると、信じている。
母の念力じゃ!! なーんちゃって!!

10日もすればY君、君の誕生日だね。君の弟は、この日を絶対に忘れていない。起き抜けに寝ぼけながらでも、今日は兄の誕生日・・って、しっかりと言う。
そう、悲観することは、何もない。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。