お寺さん紹介センター

ご僧侶・寺院を無料でご紹介 TEL:03-5382-8789

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「はとバス」もあり、かも・・・

DSCN0341_convert_20091031224453.jpg

当然のことながら四季のある東京では、知っているようで知らないところの方が多い。今日早めに行った待ち合わせ場所で、「はとバス」のパンフをもらい見ていたら、名所が沢山載っている。

これって、いいかも!!
だって、乗ってたら連れてってくれるのが、疲れている私にちょうど良い。
一考の価値ありかも!!

スポンサーサイト

PageTop

収穫の秋

DSCN0335_convert_20091031212338.jpg
町会集会所近くの畑で。杉並の真ん中に、こんなにたわわに実ったキゥイーがあるなんて!!

DSCN0336_convert_20091031212008.jpg
町会の作品展にて。指定されていた場所に、自作の額を掛けて来た・・。

DSCN0337_convert_20091031212039.jpg
集会所前の告知版に「めぐみ」という映画のお知らせが・・。もっと宣伝をうまくしたら良いのに・・と少しばかり思った次第です・・。

DSCN0340_convert_20091031212133.jpg
ヤマダの進出でチョッピリ変わった池袋駅前。雑然としていることには違いなく、下車したいとは思わないのが、残念・・。


DSCN0339_convert_20091113111043_20091113111405.jpg

「関東湖陵会」の総会の反省会。一年が終わってホッとした役員一同。お疲れさまでした。

PageTop

「東京いずもふるさと会」入会案内

DSCN0334_convert_20091030230852.jpg

平成17年、いわゆる「平成の大合併」をして、19年に「東京いずもふるさと会」が出来た。従って出雲市民でなかった私は、「出雲市愛」が湧いてこなかった。やがて交流部役員として活動しているうちに、諸先輩から学ぶことが多く役員会はほぼ出席している。女性の役員が皆無に近く、エクセルを使っての文章作成などを依頼されるけれど、モテモテなのがちょっと嬉しい。「このたび同期会があるので会報を頂いたら皆に宣伝します」と言ったら、会長さんから「ぜひ頼む」と手紙とともに会報が送られて来た。この不況の中、我ら世代も厳しい状況にある人もいるだろう。何人の人に共鳴してもらえるか分からないけれど、入会案内を挿んで持参することにした。

こんなささやかな郷土愛では、とても出雲市民とは言えないかもしれないけれど・・。

PageTop

身に付いた知識

DSCN0333_convert_20091029234152.jpg

かなりくたびれた、このファイルが知識の宝庫。色々な本から抜粋して読みやすくして、A4一枚の紙に収まるように作成してある。資料として、A4一枚なら、多忙でも立ったままでもご飯食べながらでも読める。時間に追われる取引先の社員さんのために考えたもの。コピーして持っていったものを、大切にファイルしてくれている人もいる。良い本があったとしても時間的に読めない彼らに、わずかな時間を利用して知識を得て欲しいと、考えて工夫したものだ。身に付いた知識は身を立てる。若い人に、これからの業界を引っ張っていってもらいたい。私はそのために、ささやかな手助けをしたい。「長年の恩返し・・のようなものだわ。」こんな年になると、こんな境地になる。経験を提供できる人間になりたい、と思う。

初冬の夜半、A君Y君・・の顔を思いつつ、コビーをする至福の時。仕事人間ここにあり。CDコンポから谷村新司の「群青」が流れて、夜はますます更けていく。
それにしても、難しい「歌詞」よね・・・。

PageTop

新東京タワー、東京も変わっていく・・

DSCN0330_convert_20091029193707.jpg

隅田川にかかる白髭橋を渡ってすぐ、工事中の「新東京ツリータワー」が見える。小さく見えるけれど、今の東京タワーより大きいそうな。でも・・、東京タワーは一つだわ・・。「四丁目の夕日」のように皆が貧しくても希望を持っていた、その夢の先にあった東京タワー。昭和の時代を見守っていたタワーに、替わりはいらないような・・。でも電波が多くなって処理しきれないそうな。

時代は諸行無常。
人の世は諸行無常。

今日も心穏やかに過ごせたことに感謝して、リーちゃんを抱っこしていたらホカホカと眠くなって来た・・。

PageTop

同じ釜の飯を・・

DSCN0324_convert_20091028225849.jpg

ここは千葉県。仕事を早めに終え、車を飛ばして来た。
同じ釜の飯を食べた仲。親戚以上の仲。どれだけお世話になったか、数知れない。18年ぶりに会って、泣くかと思ったけれど4人(子も同席)とも、にっこにっこで手を取り合った。良かった、お元気で。持っていった「杖」も気に入ってくれた。昔話は、楽しかったこと、おかしかったこと・・と色々だ。
とても18年がたったとは思えない。

テーブルには次々と料理が出て来た。老夫婦の何日分だろう・。お刺身・天ぷら・サラダ・ロールキャベツ・煮物・おひたし・・・。食べきれないので「これ、もらっていってもいい?」と言ったら、ごっそり袋に入れてくれた。その上、お土産まで用意してあった。

今度は一緒に旅行に行こうね!! 

帰路、ハンドルを握る子に「来て良かったね!!」と声をかけたら、黙ってうなずいた。人とのつながりの大切さを知って欲しいと思う。
そして、Y君。君の話しも、もちろんでましたよ!!

PageTop

「長岡出雲市長を囲んで東京湾遊覧・懇親会」東京いずもふるさと会

台風一過。東京湾での「長岡市長を囲んでの屋形船遊覧・懇親会」がひらかれた。

DSCN0296_convert_20091027231537_20091027232056.jpg
勝部会長さんの挨拶。

DSCN0300_convert_20091027231607.jpg
東京湾の景色。ビルの明かりが美しい。月夜もロマンチック・・。

DSCN0310_convert_20091027231711.jpg
園山副会長さんのカラオケ。美声。

DSCN0317_convert_20091027231739.jpg
右が長岡出雲市長さん。

快晴のもと、東京湾の風は暖かかった。みんないい人ばかり。市長さんも飾らない人柄。30数人、きっと良い思い出ができたと思う。ビルの明かり、月の明かり、海っていいなぁ。ふるさとのことになると熱くなる皆は、食も進み口も軽く、少年少女になっている。
大人になったり童心にかえったり、2時間はすぐ終わった。司会したり、カラオケに曲を入れたりしている自分がおかしかった。今までそんなことしたことなかったのに。いざとなれば、何でもできちゃうんだ・・。

帰宅して着替えもそこそこに、原稿を書く。写真とともに、島根日々新聞・山陰中央新報社にメールする。明日の朝刊には無理だろう・・。心地よい疲れ・達成感(大げさな・)。今夜はぐっすり眠れそうだ。
DSCN0321_convert_20091028103156.jpg

PageTop

「区民健康診査」と「ビオラ」

DSCN0293_convert_20091026213759.jpg

一気に初冬の風。ブルルッとしてカーディガンをはおる。今年は暖冬との予報だけれど、A型インフルエンザだけには気をつけなきゃ!! 隣に大きなバスが停まった。「生活習慣病検診車」・これだけで大いに健康についての警告になりそうだ。そういえば、杉並区から「区民健康診査のお知らせ」が届いていたっけ・・。申し込まなきゃね。杉並区は区長さんの話しでは10年後ぐらいには「区民税」がいらなくなる試算になるという。ありがたい!!ことである。それまで(!?)健康でいなければ・・。

DSCN0294_convert_20091026213839.jpg

冬の定番「ビオラ」を買って来た。植え替えて水をやると、みるみる生気を取り戻す。・・・そして元気になったところで、摘み取って押し花にしてしまうことを許して下さい。ぱりっとした花が一番良いのです・・。

PageTop

友情

DSCN0292_convert_20091025170221.jpg

写真のストールは実物は真黒である。先日友人と映画を観に行って食事をした際、彼女が温かそうなストールをしていたので、「素敵ね!」とほめたら、「良いでしょ!? ご馳走になったから、あなたにも買ってあげる!!」と言う。ええっー! そ、そんなつもりじゃ・・

というわけで、これは友からのプレゼントだ。すっかり肌寒くなった今日、彼女の助言どおり端っこを縫って袖を通したら、肩がホカホカと温かい。軽いし、ずり落ちないし、なんかジーンとして来た。友情って、こんな温かさなんだわ・・。彼女も今日は使っているかしら。

人は一人じゃない・・って言ったら、大げさに聞こえる?

PageTop

ハイブリッド車、あれからひと月あまりが過ぎて・・

DSCN0290_convert_20091024204629.jpg
車をハイブリット車に替え、おっかなびっくりでソロソロと中古車センター(平成18年式の中古車です・)から帰宅して、ひと月あまりが過ぎた。ハイブリッド車って、本当に音がしない。「音」を出すようにするとの話しがあるのも分かる。とにかく慣れた今では、ハンドルもボディもタイヤも体の一部になったかのように、軽いしよく動いている。ガソリンも値上がりしたのか下がったのか、気にしていない。我が愛車よ、これからもよろしくね!!

DSCN0291_convert_20091024204707.jpg
友達から写真が届いた。先日の「関東湖陵会」のだ。女3人写っているのに、真っ先に自分の顔を見て、それから全体を見るとこなんて、女は自己中だわね・・。ハハハ!!
See you again!! 
私はみんなを忘れない。(顔がヘンテコなので、縮小して分からないようにしました・・)  

PageTop

町内会の作品展

DSCN0287_convert_20091024132453.jpg

たまたま回覧板で知って、申し込んだ。今日は展示方法などの説明会がある日だったが、朝から電話が掛かりっぱなしで行けなくなった。まぁ、もう作品数・題名も提出してあるから大丈夫でしょう。こういう会にも参加してみたら、新しい発見があるかもしれない。チェンジ! とチャレンジ! だわ。

DSCN0289_convert_20091024132559.jpg

総会の記念写真。遠く札幌・倉敷・栃木などからの出席があった。悲喜こもごも人生の中、一瞬一瞬に心が通う時がある。幸せなことだ。

PageTop

糖尿病と杖

DSCN0286_convert_20091023214639.jpg

「もしもし?」
「あれっ、さっちゃん!? 電話ありがとう! どうしたの?」
「ううん、会いたいなぁ・・って思って。でも、お父さんが糖尿で杖ついてでないと歩けないから、なかなか行けなくて・・」
「じゃあ、私から行くわよ。息子も行くって言ってたから都合聞いてすぐ電話するわ。」
「ほんとに!? じゃ、待ってるね。」

こうして、18年ぶりの再会の日が決まった。私と子が出掛けていくことにして、お土産として「杖」を買った。もう使っているから、いらないかもしれない。でも、買った。買うときに店員さんにどれがいいか聞いたけれど、本人の好みもある・・とのこと。試しに杖をついてみたけれど、なんだかこれがしっかりしている気がして、買って来た。杖をついていたって、生きていればいい。こうして会えるもの。待っててね!!

PageTop

印旛沼・・

DSCN1565_convert_20091023190627.jpg

ここは島根県出雲市湖陵町の神西湖(じんざいこ)。出雲大社(神)の西にあることから付いた名だ。ふるさとそのものだ。

DSCN0285_convert_20091023190719.jpg

この絵は、20数年前に頂いた千葉県の「印旛沼」の風景。水彩画である。沼と湖の違いはあっても雰囲気が似ていて、ずっと大切にしている絵だ。おかしなもので、深層心理というか「水」を見ているとホッとする。あの、ふるさとに続く「湖」に思えて・・・。

PageTop

出雲・神在月・・JAFMaTe11月号より

DSCN0281_convert_20091023085846.jpg

「JAFMaTe11月号」で「島根県・縁結びの国、神々が集まる国」が掲載されている。もっと早く載せて欲しかった。手元に届いたのは、10月も半ばだもの・・。

出雲に行ったおりには「ぜんざい・出雲そば・生姜」をぜひ!!とある。たしかに、あずき・そば・しょうがは体にいいばかりか、出雲が発祥の地と言われる「ぜんざい(神在がなまってぜんざいになった・・)」も美味だ。

来年はもっと早くに紹介して下さい(!?) 日本全国、旅行の予定を立ててもらわなければいけないし・・。 出身者一同より。

PageTop

ココ・アヴァン・シャネルの帽子?

DSCN0277_convert_20091022100259.jpg
今日も快晴。なにも言うことなし。

DSCN0280_convert_20091022100339.jpg
ココ・アヴァン・シャネルは「帽子デザイナーからスタートした」という映画を観てから、帽子が気になりだした。羽根飾り全盛の時に、シンブルな(貧しいからだけど・・)麦わら帽子をかぶっていたココは、かっこ良かった。クローゼットから出した帽子に小さい羽と使わなくなったブローチを糸で留めてみた。おぉーっ、イケル!! 今日のスタイルはこれで決まり。好天だとこんな発想まで、イワシ雲同様次々と湧いてくる。

PageTop

世界遺産・・自然遺産と文化遺産

DSCN0278_convert_20091021204632.jpg

日本の文化遺産は11ヶ所、自然遺産は3ヶ所だ・・なんて、知ったかぶりできるのは、取引先で「これ、ブログの材料になるでしょ?」と新聞を取っていてくださったので、それからの知識である。一番新しいのは、2007年認定の「石見銀山遺跡とその文化的背景」だ。その年、法要があり帰省して、石見銀山に行ったけれど、にわか観光地化していて、人がぞろぞろだった。なんだかなぁ・・。市の職員もサービスには慣れていなくて、やっとこなしている・・感じだった。いっそ、ほっといてくれたほうが、私は自分で「遊び」を見つけられるのに。

でも、また行ってみよう。世界遺産に選ばれることは、そうそうない。誇れる島根県の一部である。

PageTop

手作り・母の手仕事

寒くなってくると掛けるベットカバーは、母の手作り。残り布を縫い合わせて、WサイズとSサイズになっている。ちょうど私と子のベットに合う。何度も洗ったけれど、ビクともしない。

戦争中、とにかく手に職をと女学校卒業して裁縫を学んだ。一方看護婦学校にも行っていたらしいが、終戦になり嫁いで来た。「あの時、看護婦学校を続けていたら・・。」もっと違う人生があったというのが、母の言い分である。かくして年月を重ね、今月の27日には「白内障」の手術をする母である。もうこんなベットカバーを根をつめてすることはかなわなくなるだろう・・。

秋のちょっと寒い朝、ベットを直しながら、一針一針の母のぬくもりを感じている。

DSCN0275_convert_20091021120338.jpg
DSCN0276_convert_20091021120517.jpg

PageTop

マイギャラリー

DSCN0270_convert_20091020232637.jpg

我が家のギャラリーはすっかり様変わりした。今までの額は出雲市・今岡美術館での展示会に出していたり、各寺院に差し上げるべく箱詰めしたり、町会の作品展に出す準備をしたり・・・で、小さい額は皆無になった。手直ししようかどうしようか考えたが、慌てることはないと判断し、来春までを目標に手直しすることにして、これらの額は我が家で歳を越すことになった。これらを見ていると、未熟ななりに必死で仕上げた純な私が、手に取るように分かる。だんだん不純(!!)になって、最近は手抜きをしている。いかんなぁ!!  心を入れ替えて、また花を慈しんだ頃に戻ろう・・・。

PageTop

平和だわ・・

DSCN0268_convert_20091020185439.jpg
なんだかんだと言ったって、爆弾が飛んでくる訳でもない。自爆テロがあるわけでもない。平和な昼が、今日も来た。一日で乾きそうな好天。早く大きくなぁーれ!! 近くの保育園の前で。 

DSCN0269_convert_20091020185514.jpg
駅前は電柱の地中化が進んでいる。ここ住宅街の電線は、アングルとしては、ちょっと邪魔かな・・。きれいな夕焼け。この夕焼けを見て、子供の頃とか故郷を思い出す人がいるだろう。そう、夕焼けって、ロマンチィストにしてくれるのよね。小さい頃、遊びすぎて遅くなった時、怒られないかと急いで家までの坂を駆け上がったものだ。随分急な坂に思えたけれど、家の明かりが見えると、さらに走って帰った。電球の明かりがとても温かかった・・。
あの頃には戻れないけれど、心はいつでも子供になれる。いつでも・・。

PageTop

総会の反省会

DSCN0265_convert_20091019213838.jpg
午後5時の都庁。オリンピック招致が終わったのに、宣伝費をまだ集めているという。7億円が足りないらしいが、もう開催されないのに、協賛する会社がある?? そんな太っ腹の企業がある?? 摩訶不思議な出来事。

DSCN0266_convert_20091019213750.jpg
「総会の反省会」の案内が来たが、会報の発送を"よなべ"でしている私である。宛名シールが足らなかったりして手書きにしたり、チェックが疲れる・・。同期の友も、「疲れた・・明日は会社を休む。」とメールが来た。皆、かなりのエネルギーを注いでいる。それなのに、「反省会」にはいそいそと出掛けてくるのだから。

PageTop

亡父・二十七回忌を迎えて・・

DSCN0264_convert_20091018220813.jpg

昨夜「関東湖陵会・総会」から帰宅して、ヤフーニュースで加藤和彦氏の死を知った。スマートで格好よく、すべてのジャンルで先駆者であったのに・・。

亡父も二十七回忌になる。立派なお戒名だけれど、父の幼なじみで、父より年下の寺の住職が授与してくれた。「成就」などしていない、数え55歳の死だった。父も今頃は「早まったか・・」と思っているかしら・・。楽しいこと嬉しいこと、経験しただろうか。確かに笑顔の父の記憶の方が多いけれど、子に見せる顔とは別の顔もあったかもしれない。昨日も同郷の人と話しをしていて、何年間かの記憶が飛んでいて、私にはない年月がある。それが父の死と深く関係していると思う。いわく「思い出したくない年月」だ。人はそれぞれの思いを胸に生きている。傷も抱えて生きている。

亡父よ、今の私に会いに来て下さい。あなたの眼で私を見て、「おまえなぁ・・」と説教してくれたら、11月3日という日が一年で一番好きな日に変わるでしょう。

PageTop

関東湖陵会総会開催 市ヶ谷・アルカディアにて

第7回「関東湖陵会」総会は45名の出席で、暑くもなく寒くもない天気で盛会だった。女性の方が多かったので、華やかでもあった。用意していくものが多く、朝10時「市ヶ谷・アルカディア」に私は車でやっとこ駆けつけた。開始までの4時間、準備する時間も楽しく会話も弾み、非日常は浮き浮きする。関東各地から会員が来て下さって、会長さんの安堵の頬がゆるんでいる。
DSCN0251_convert_20091017215204.jpg
受付にて。久しぶりの先輩に"甘える"。

DSCN0253_convert_20091017215243.jpg
総会は短く、懇親会は長く・・。

DSCN0254_convert_20091017215319.jpg

花の同期。皆仲が良い。人生いろいろでも、いつも集まる。

DSCN0255_convert_20091017215347.jpg
アトラクション・出雲光一さんの歌。出雲出身の人。人なつっこい人でした。

DSCN0256_convert_20091017215445.jpg
会員の踊り。今年は「男踊り」とか。

DSCN0259_convert_20091017215511.jpg
二次会。しっとりと大人の会話が続く。方言もあるようなないような・・。故郷を離れて何十年、東京弁がなじんでいる。

PageTop

朝の秋の実・・その2

DSCN0247_convert_20091016194334.jpg
ナツメの実。熟れてくると黄色くなる。かりこりとして、おいしい。

DSCN0248_convert_20091016194427.jpg
ナツメの木にからまっている、ゴーヤ。この花が、ゴーヤになることはないだろう。鮮やかな黄色はやはり南国のものだ。

DSCN0249_convert_20091016194501.jpg
夏みかんも年を越せば黄色くなって、みかんらしくなる。それまで、風雨にも寒さにも負けないでね。
東京だって、秋の喜びが沢山ある。・・みんな、他人の庭の木なのが、残念!!

PageTop

「鈴の鳴る道」星野富弘

DSCN0247_convert_20091015223616.jpg

秋の道を 蟻が 歩いている
立ち止まっては 空を仰ぎ
立ち止まっては うなづき

蟻よ
おまえは 何を信じているか
           星野富弘

PageTop

案ずるも産むも難(がた)し・・?? 押し花教室で。

DSCN0246_convert_20091015195946.jpg

考えどおりにいかないことを知りつつ、考えを通そうとする。かくしてイメージが違う作品になってしまった。しかしストレス発散に行ったので、ストレスは無し!! 目出たし目出たし!!  拍手パチパチ!!

DSCN0239_convert_20091016081911.jpg

悩みがない顔をしておりますが、なんのなんの、ゴマンとございます・・。

DSCN0241_convert_20091015195224.jpg
皆、人生の先輩である。12月は忘年会しようね、と約束した。教室の近くに沖縄料理店があって、宮本亜門氏も来るという、おいしいところに決定。「ミミガー、おいしかったよね!」そうだ、去年の忘年会もそこでしたんだわ。

PageTop

朝の秋の実・・

DSCN0229_convert_20091015194234.jpg
姫リンゴ
DSCN0230_convert_20091015194309.jpg

DSCN0231_convert_20091015194426.jpg
ザクロ

家から駐車場までの約700メートルに、秋の実が色々。夏みかん、ナツメもあったっけ・・。あちこちをキョロキョロしながら、だんだん仕事モードに入っていくのが好き。

PageTop

摩訶般若波羅蜜多心経

DSCN0227_convert_20091014223852.jpg

瀬戸内寂聴尼にして「何が書いてあるのか、何度読んでも分からない・・。」とのこと。262文字で経文の中では一番短い。しかし、一番研究され、唱えなれている。仏教の心髄がすべて入っていると言われている。毎日ながめてはいるけれど、今もって分かっていない・・。

PageTop

ああ、凹んでしまった・・

DSCN0224_convert_20091014211843.jpg

夕方、会計士さん来訪。さらに踏み込んだ記帳の仕方を伝授(!)され、勘弁してよ!!と凹んでしまった・・。プロはさすが分かりにくいこと(!)を言う。「そこまで出来ないから会計士さんに頼んでるのに!!」の言葉を飲み込む。若い彼は、最後に「でも、がんばってよくやってますね・・。」と言うが、傷ついたワタシの心が、そんなお世辞で治るはずもなく今日も不眠の夜になりそうだ・・。たまに、フテ寝で早寝でもしようかしらん・・。

明日は月一回の押し花教室の日。どんなに凹んでも雨でも出掛けていく。理由を探して、楽をする方に進まない。生きているうち脳は30%ぐらいしか使っていないそうな。ワタシなんぞ、20%ぐらいかも・・。

PageTop

「ふるっくの唄」版画・山頭火 秋山巌

DSCN0219_convert_20091013223412.jpg

ふくろうは ふくろうで
わたしは わたしで 
ねむれない
       山頭火

「ふるっく」とはふくろうのことである。秋山巌氏は民話をモチーフにしたいと思った時、どうしてもふくろうが必要になり、上野動物園に子供を連れてスケッチに行った。しかし、うまく描けないまま帰宅。帰宅して子供のスケッチブックを見て、驚いた。そこには自分が描きたいと思っていたふくろうが描いてあった・・・と前書きにある。

PageTop

我慢がまんガマン・・

DSCN0218_convert_20091013205254.jpg

ページをめくって、中を見たいのを我慢がまんガマン。あれと、これが終わったら、見よう!!と決めているから!!  なのに「あれも、これも」終わらない・・。それでも我慢がまんガマン。大人になるのも、しんどいものだ。

おいしいものは先に食べるか後の楽しみとするか・・というように、どれもむずかしい判断だわ・・。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。