FC2ブログ

お寺さん紹介センター

ご僧侶・寺院を無料でご紹介 TEL:03-5382-8789

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

郊外の秋、至福の秋・・

木の実をついばむのに忙しい鳥。神は自然の生き物の為に、食料の恵みを忘れないと言う。

自然の造形は、美しい。職人芸のケーキみたいにこんもりだ。

まだ大人になりきっていないのに、しっかりと黄色に色づいて落葉を待つ銀杏。

初冬の夕刻の一番星。




DSCN0863.jpg
DSCN0864.jpg
DSCN0865.jpg
DSCN0868.jpg

スポンサーサイト

PageTop

誕生日

今日は誕生日である。子からは化粧品やらケーキをもらった。夕方には友がプレゼントを持って来てくれた。グフフッ!! 嬉しいものである。私は自分へのプレゼントとして眼鏡を作った。リーにかじられたりしてガタガタだったので、注文しておいた。そんなささやかな日が、平和に過ぎた。インドではテロで何十人もの人が亡くなっている。今日が笑える日なら、それでいい。

そう言えば、「ブリキのおもちゃ博物館」の館長、北原照久氏は自分の誕生日には母親にプレゼントをするのだとか。つまり、「あんなに痛い思いをして生んでくれた感謝の意を込めて」とのこと。泣かせる話ではないか・・・。私なぞ、もらって喜んでる程度の人なのに・・・。

DSCN0860.jpg

PageTop

成道会・・・押し花額

K寺院の依頼で「成道会」の額を押し花で作ったもの。明け方の日が当たる菩提樹の木の下で悟りを開かれたので、逆光になっている・・・つもりなので、はっきりとした目・鼻は付けなかった。しかし、史実とはいえ伝記に近く、参考文献もない。平山郁夫氏の本を参考に拝見したが、とてもとても近づけない。かくしてホントは恥ずかしいのだけれど、完成したのでお渡ししたのが10月の半ば。しかし、何日もこれで良いのか眺めていたにもかかわらず、写真を撮り忘れていた。結局、K寺院に頼んで写真データを送ってもらったのである。実に「成道」していない私である。


IMGP0782.jpg

PageTop

言葉の重み・・・

首相になったばかりに、「発する言葉の重み」を両肩にずっしりと背負わされた人がいる。一国の代表である。当然だ。国民が真剣に政治と向き合って見つめている状況は、健全なことだと思う。日頃、他国の人が街頭インタビューなどで、全う過ぎる意見を堂々と展開する場面に圧倒されたが、今や日本人も全うな場面展開をする。意見を言うことが、民主主義だ。

ガラス張りのビルに囲まれて、ポリスボックスもガラス張り。まもなく夕日に染まって黄色に輝く。
夕刻の暗がりに、クリスマス飾りの家が突然あらわるる。毎年この家はこの時期になると、ピカピカしだす。暗い世相への応援歌かも!?


DSCN0855.jpg
DSCN0856.jpg

PageTop

母の楽しみ

12月22日に母上京。お正月を一緒に過ごすことになっている。航空券は既に送ってあるので、母の目下の楽しみらしく、前準備としていろいろ送り物が届く。大きな柚子が届いたのでセッセと人あげているが、我が家でも柚子湯でもしようかな。

朝から、ガス屋さん・網戸屋さんがきていろいろ直してくれる。その度にリーが激しく鳴いて、恐縮する。3連休後の25日は、道も渋滞して師走の感がでて来た。うっかりデジカメを持って行かず、高島平の銀杏並木が写せかなった。小さなことに感動してパチりとする・・・・そのこと自体が喜びなのに。


DSCN0852.jpg

PageTop

メモリアル

厚生元事務次官事件の発端が「小さい時ペットを殺されたから。」ではないような気がする。幼い心を傷つけた行為に、回りの配慮が足りなかったことはあるけれど・・。これは我が家のミー・リーちゃんたちとのメモリアルコーナー。愛犬家はそんな凶暴性は、ない。

電柱の地中化で、今までのプロバイダーが使えなくなり、別のになった。・・と、迷惑メールが来なくなった。メールチエックがとっても楽!! 


DSCN0851.jpg

PageTop

「街路樹」  尾崎 豊

尾崎豊の歌・声は初冬の夜半に聞くと良い。一月位前 ラジオの1242に「幻冬舍」社長の見城氏が登場して、「記憶に残る人」の一人として尾崎豊との思い出を話された。彼はやはり特異な人だったようだ。「だからこそ、あのような詩が出来たのだ。」と見城氏は言う。

孤独とか、淋しさとか、心の傷とか、みんなあるのよね・・。


DSCN0850.jpg

PageTop

小春日和

「小春日和」とは、天気が良くポカポカとした秋の日のことを言う。(と偉そうに言ったが、最近まで春のことだと思っていた)今日もそんな日だった。都バスが国旗を付けて走っている。「勤労感謝の日」にせっせと働く仕事があって、幸せだ。車内で「宗次郎」のオカリナ曲を聞いてると、風が吹き抜けて行く気がする。夕刻5時、もう暗い。最近は移転の片付けも落ち着いたが、まだ帰宅の道を間違えるときがある。あっ!と思ったら、以前の道に入ってしまっていたり・・・。子に「そんなこと、ない?」って聞いたら、「オレはまだボケていないから。」・・・・聞かなきゃ良かった・・・。

DSCN0847.jpg
DSCN0848.jpg

PageTop

ロハス・・!?

「ロハス」的生き方・・・いうライフスタイルが紹介されていたが、「いいなぁ・・、やりたいなぁ・・」と我が生活をかえりみてため息をついていた。しかし、その意味は、私にはよくわかっていない。ノンビリ生活?? でもなさそうだし・・。自然派でもなさそうだし・・。

階段の踊り場が日当りも良く、アイビーに丁度いい。引っ越し時、大切に連れて来たのである。

DSCN0844.jpg

PageTop

「オレ流」

麻生首相の囲み記者会見などを見ていて、「オレは、・・」とか言われるとガッカリする。「私は、・・」にして頂けないか。そもそも忠告する人がいないのが、おかしい。世界がこんなに大変な時に、こんなことで重箱の隅をつついても致し方ないけれど・・。こういっちゃなんだが、少なくとも国民に選ばれた首相ではない。

陽に輝く銀杏の葉。やがて散るとしても、この華麗さにカメラを向けずにはおれない。北大のポブラ並木は壮大らしいが、身近にも黄金に輝く自然がある。今年は気温の下がり方が早い。

DSCN0843.jpg

PageTop

「花かごの花束」

写真ではよく見えないが、真っ赤っかの唐辛子がピリリと効いている。


DSCN0842.jpg

PageTop

報恩講

親鸞上人は、1262年11月28日京都で90才の天寿をまっとうされました。遺徳を偲んで信者さん達が「毎月28日のお念仏」を始めたのが、報恩講のはじまりです。東西本願寺・各宗真宗の本山初め地方の寺院から在家まで、これだけ大きな広がりのある行事はありません。11月に入ったらどこかでこの仏事が行なわれています。お坊さんと一緒にお経を上げ、お説教を聞き、お斎(とき)をいただきます。つまり精進料理ですが、地方によってまちまちです。親鸞上人の布教姿を型どった料理を作ったりして、布教のご苦労を偲びます。壇信徒の心がひとえに開祖・親鸞上人の報恩に向かいます。

上は、そっくり移転した押し花材料専用本棚。右下にコンポを入れて、音楽を聴きながら作業しています。
下は、今日の押し花教室の様子。手前の席が私ですが、移転祝いに頂いたお花をそっくり再現した「カゴ入りの花束」を作成中。結構良い作品になりました。
DSCN0839.jpg
DSCN0840.jpg

PageTop

銀杏も黄色くなって・・

三週間もパソコンは接続出来なかったが、仕事は一日も休まなかった。10/30に事務所移転、11/1レカンフラワーインストラクター資格取得、11/5頃から外耳炎(疲労?)で耳鼻科通い、11/6パソコン接続不可、11/12車追突される、11/14光通信再申し込み、11/15高校同期会・・・・・とまぁ、毎日寝るのは25時過ぎる日が続いた。その間に銀杏はすっかり黄色くなって、ツタの葉は惚れ惚れする色になって、例年なら喜々として落ち葉を拾っている頃に、せかせかと道を歩く自分がいた。「秋の日暮れはつるべ落とし」とは良く言ったもので、あれもこれもやり残しているのに日が暮れる。しかし、何かしら落ち着いた頃に、パソコンの接続が出来た。神はよく見ていらっしゃる・・・と実感。注文した年賀状も机の横に鎮座するこの頃、私の心身がフル回転している。

DSCN0838.jpg

PageTop

新しい日々が始まって・・

10月30日にパソコンの電源を切ってから今日まで、手違い・トラプル・無知(!)その他・エトセトラで接続出来たのがヤット今日の夕刻7時半。転居の大変さを思い知った感じ。その間の出来事を書き連ねても面白くも何ともないので、止めておく。一つだけ、車を追突されて、只今代車に乗っている。むち打ち?・・・忙しくて首が痛いが、それがそうか? ま、もうちょっと様子を見よう。あぁ・・マイブログよ、元気だったか!! 感動(大げさ!)して、始動スイッチが入った。

DSCN0837.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。