お寺さん紹介センター

ご僧侶・寺院を無料でご紹介 TEL:03-5382-8789

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

会報「出雲」の編集レイアウト・・・その2

不慣れな事で、あぁー肩こりだ。写真も並べれば良いわけではなく、コメントも浮かばなくなって来た・・。二日目で、引き受けた事を後悔している。「後悔」なんてことも、久しぶりだわ。ヨヨョョョョョ。とにかく眠りたい。しかし、こうやってみると、小誌一つでも色んな労力が詰まっているという事だ。世の中はかなりの「分業」が進んでいるからして、他人のことをとやかく言うのは止めよう・・・そんな事を学びつつ、はかどらないレイアウトに疲れもピークになって来た。

DSCN0501.jpg

スポンサーサイト

PageTop

湖陵町の航空写真

昨年の高校同期会の席上、パイロットの人から航空写真をメールしてもらえる話になり、早速翌日送られて来た。真ん中が「神西湖」(シジミが全国一おいしい!!) 右上は日本海。ここ一体が湖陵町。今頃は梅雨の雨で水かさも増していることだろう・・。かって、宇宙飛行士が「地球は青かった。」と言っていたが、充分納得する。想い出も青春も故郷も、青い。まっさらの青さだ。

DSCN0500.jpg

PageTop

会報「出雲」の編集レイアウト

整理されている写真を見ると、何人もの人が写真を写されたようだ。かなりの写真からピックアップして編集することになる。割付用紙・トレッシングペーパーなどを眺めて、さてさて何時「夜なべ」するか、考え中。締め切り7/5とのこと。ピッチをあげなきゃ! 昨日も会の役員からアドバイスの電話を頂いた。昨年写真がダブっていたらしい。今年はそんなことのないように、とのこと。60ページに満たない会報誌にも、思い入れがタップリ詰まっているのだ。手を抜かずにしっかりやらなければ。

DSCN0499.jpg

PageTop

初日「レカンフラワー講座」

疲労困憊・・と言っても良い。約6時間はきつかった。エアコン無しもきつかった。(花が飛んでしまうので止むをえない。)先生の話では、初回が習う事が多いのできつい、とのこと。この歳で生徒になるのは大変だ。帰宅しても、大荷物を片付ける元気も出ないで、ボッオー・・。夕食もお寿司をつまんで、ボッオー・・。リーちゃんにエサをやってボッオー・・。夕刊読んで、ボッオー・・。電話に出てからも、ボッオー・・。こういうのを「達成感」って言うのだろうか。長年、特別な講座には仕事もあるので「出来ないもの」と思い込み、人が参加されるのを横目でみていた。今回思い切って申し込んだが、なんじゃ、この体たらくぶりは!! イカンイカン!!  ちょっと休んだら片付けて、テキストで復習しなきゃ。全6講座、神楽坂の教室まで、這ってでも行くぞぉぉぉぉぉぉ。いゃ、這っては、みっともないから、格好良く愛車で行くぞぉ。


DSCN0496.jpgDSCN0498.jpg

PageTop

会報「出雲」の編集会議

会報の編集会議は、印刷に詳しい人・編集にたけている人・文章が得意な人・バソコンが上手い人などなどが集まって進められた。忙しい人も時間のある人も、それぞれ手分けしての作業である。私は、総会時の写真やコメントや会場の様子の編集レイアウトをまかされた。9ページに納まるように写真を選び、コメントを付ける。早速取りかかりたい所だが、明日は早いので写真を見るだけにする。思えば「総会」当日は受付にいたので、会場の中で何があったか、細かい事は知らない。こんな頼りない私にまかせて、良かったのですか???



DSCN0495.jpg

PageTop

エプソン・プリンター

プリンターが故障したので、新しくした。同じ機種が使いやすいが、もう生産していないとの事。写真などもクリアにプリント出来ると言うので、この機種にした。しかし、しかし、しかし、修理に出すより買った方が安いなんて、今時の「エコロジー」に反していないか? とにかく無いと困るので購入したけれど、なんかおかしいなぁ・・・。開封してセットして、試し印刷したら、とてもキレイだ。で、で、で、文句も引っ込める事にした・・・・。主張のない人間だわ・・私って

DSCN0492.jpg

PageTop

「レカン(宝石箱)フラワー講座」近づく・・

朝の6時前、小さな物音で目覚めた。それから眠れないので起きて手紙を書いたり、近づいた講座の用意をしたり・・・。未知のことに挑戦するのは、ちょっとドキドキする。しかし問題は、「時間」だ。6時間の時間を確保出来るか・・もう、賭けをする気分で臨む。梅雨空になった今日だけど、昨日の夕刊の星座占いでは「星三つ」の日になっていた。当たるかなぁ・・。

DSCN0490.jpg

PageTop

タバコ税

タバコのパッケージも随分洗練されて、「身体に悪い」ことを払拭せん! とばかりに、美しい。タバコ税は旧国鉄の膨大な赤字の返済に使われている。従って、税収入がないと困るのである。そうとしても、この美しいパッケージのタバコは、煙りとともに悪魔が現われる。ムムムムム、ムズカシイなぁ・・・。


DSCN0489.jpg

PageTop

「おーい雲よ」

おーい雲よ
悠々と  馬鹿に呑気そうじゃない
何処まで行くんだ  ずっと磐城平の方まで行くんか
                              山村暮鳥の詩

吉祥寺の「ユザワヤ」で和紙を買った。7Fの和紙売り場で、数人の大学生も多くの和紙から探していた。「おっ、これ、綺麗じゃん!へぇー、一枚700円!?タッケッー!」などと楽しそうに選んでいる。私が買ったのは下記の数枚。試作品作りに使用する。夏日で、時間を作ってヤット行ったので、疲れてバタンキュー。夏はこれからだというに・・・・。

DSCN0487.jpgDSCN0488.jpg

PageTop

お盆の棚経(たなぎょう)

お盆にお坊さんが各家を回ってあげるお盆のお経を、「棚経」と言う。つまり、かっては図のように精霊棚を作って悪霊が入らないように「結界」して、ご先祖をお迎えし供養したのである。今は、仏壇をお飾りして、お迎えする。(これは民俗信仰色彩が濃厚で、一部の宗派は否定する。) かくして、7月13~16日首都圏の方々でご先祖をお迎えしてお坊さんをお呼びする。(ただし、寺院では四日間では回りきれないので、7月になったら棚経詣りを始めている。)

話変わって、お坊さんのあの夏衣は透け透けで涼しそうに見えるが、なんのなんの、暑いのである。どうぞ、冷たいお茶の一杯を出してあげて下さい。

DSCN0486.jpg

PageTop

「仏教伝来展」平山郁夫より「建立金剛心図」

小品の額を進呈した寺院から、「別の所でもあなたの押し花額を見た。(成道会)用に額を作ってくれないか。」という話が来た。びっくりしたが嬉しくもあり、早速調べると平山氏の絵にあるように、(苦行を止めて山を下り、菩提樹の下で座禅をして49日目に悟りを得、ニレンゼン河で沐浴をされて、村の娘のスジャータから乳粥を頂かれた・・・)その「成道」の絵を希望されている。朝方に悟りを得られたので、朝日を背にしてお姿は後光をさして輝いている。そして、菩提樹の葉を使ってほしいとの事。寺の境内に植わっているとのことで、葉を頂く事にした。で、教材の本を調べて最大の額の寸法をメールしたが、うん? 話がかみ合わない・・。なんと、先方の希望はその倍もある大きさだった。額は別注になるが・・・とメールして、しかしメールでは埒があかず結局電話して、期限は?と聞くと、来年の6月までにとのこと。よしっ、その前に手持ちの額で一枚作ってみよう。それを進呈して、イメージを見て頂こう。幸い、国立近代美術館で平山氏の絵を見、感動どころか圧倒されてしまった記憶が残っている。従って私流にしか出来ないが、初めての挑戦だとしても、やる価値はある。時間もたっぷりだ(夜なべは慣れている)。額が完成したら、「開眼供養をする」と聞いて、心身がピーンとなった。よしっ、よしっ、絶対完成させるぞ!!!!


DSCN0485.jpg

PageTop

カザフスタンの国旗

今年の元旦、子と後楽園で「和太鼓」のライブをきいた後、この東京ドームシティホテルの最上階でコーヒーを飲んだ。冬の東京は緑が少なくちょっと殺伐としていて、「ここで生きてるのか・・」と悲しい気がしたが、今は人工とはいえ街路樹の緑・公園の木々で潤いもある。しかし、それから六ヶ月。季節も月日も変わった。生きとし生けるもの、精一杯羽ばたこう!!

霞ヶ関で随分キレイな色の国旗を見た。帰宅してネットで調べるとカザフスタンの国旗。あっ!
昨夜も「ワールドグランプリ・女子バレーボール」でカザフスタンと試合をしたではないか!  幸い日本が3-0で勝ったけれど、来日国の国旗を上げるものだったのか? 同時に国賓がいらしているのか? それにしてもキレイな色だ。空の色? 草原の色? それとも海の色? 

「日経  おとなの OFF」 大好きな沢木耕太郎氏のエッセイもある。京都は新緑も紅葉も良い。何しろ、山に囲まれた盆地だもの。今年こそ、いくぞぉー!!





DSCN0481.jpgDSCN0482.jpgDSCN0483.jpg

PageTop

収穫

母から巨大なタマネギが届く。出来すぎて食べきれないのだと言う。こうしてリンゴと比べても、その大きさが分かって頂けると思う。白いのは普通のタマネギ、黒っぽいのは紫タマネギ。苗を植えて(種をまいて??)、面倒を見て育てて、収穫で引っこ抜いて、洗って、段ボールに入れて送くる・・・。杖がないと50メートル歩くのもシンドイ母が、なんでこんなことができるのだろう・・・。多分、自然のなせる事だと思うのだ。冬から春になって、自然とともに食べ物を作る作業に入る。そして、次々と収穫の時期を迎える。秋には秋の、冬には冬の収穫があって、一年のサイクルとともに母も生きている。身体に無理があっても収穫の喜びがあって動いているのだろう。こうして、「エクササイズ」に通う事もなく、程々の運動になって腰が痛いながら、母なりに生きて行けるのだ。かくして、当分タマネギメニューが並ぶ我が家。食料自給率が当分は平均より上をいく。

DSCN0480.jpg

PageTop

押し花額のお嫁入り・・

67個の額を発送して、それぞれ「頂きました。」と電話やメールが来る。ホントに「お嫁入り」させた気分・・・になった。かわいがって頂きなさいね・・・。そして、「夜なべして作りました。」と言う手紙を添えたけれど、皆さん、私が「夜なべ」することにさして驚かず、納得している。「夜なべしている姿が、目に浮かびます。」とメールが来たもんね・・。

これは、故郷の中学校の校歌を入れて、全ての花を故郷の母から送ってもらった物を使った。麦の穂・つくし・稲穂・ツタ・ムスカリ・唐虫草・ディージー・たんぽぽ・すみれ・紫陽花・紅葉・ユキヤナギ・etc。それにしても、なんて「夜なべ」の好きな私だろう。前世は何だったんでしょうか?

DSCN0479.jpg

PageTop

「鈴の鳴る道」 星野富弘

何のために 生きているのだろう
何を喜びとしたら よいのだろう
これから どうなるのだろう

その時  私の横に
あなたが 一枝の花を 置いてくれた
力をぬいて 重みのままに咲いている
美しい花だった



花と棘が 同じ所から 生えている
やがて 花は散り  棘だけが残る

何だか 私の心のようで
胸の奥が チクリと痛い

DSCN0477.jpg

PageTop

コエンザイムCOQー10

コエンザイムCOQー10(コーキューテン)は、抗酸化サプリで若々しさを保ち、体力増進に役立つ。頂いたので、せっせと飲むことにしよう。「抗酸化」とは、早い話「錆びない」ということ。年齢とともに減っていく体力もアップさせなきゃね。健康第一と日々思うこのごろ、梅雨も夏も、しっかと乗り切らねば!!!


DSCN0475.jpg

PageTop

押し花教室、精魂込めて・・・

この額は66.5ー51.5センチの「60額」と言う。制作時間約3時間。もうすぐ七夕なので、それをイメーシーした「七夕の花園」 いや~~~精魂傾けましたですよ。「うつ状態」から脱すべく習い始めて約9年、この間、止むをえず休んだのは2回程。とにかく毎月一回の教室に出掛ける。出来がいい時、いまいちの時、色々だがくじけずまた挑戦する。製作中は「趣味」と言っていられない程、真剣だ。はぁ~~~疲れた~~~~。さぁ、来月はどんなのにしょうかな! おかしなもので、疲れていても意欲は枯れない。



DSCN0474.jpg

PageTop

福音館書店   四谷駅前

「裁判員誕生!」と、急に言われてもなぁ・・・。断るしかないなぁ・・。法務省前で。

「この子を残して」・「長崎の鐘」などの原爆症作家・永井隆博士の生誕100年を記念して。四谷駅前の福音館書店の前で。永井博士は敬虔なクリスチャンだった。

梅雨の晴れ間、東京は色々な顔を持っている。

DSCN0471.jpgDSCN0473.jpg

PageTop

「レカン(宝石箱)フラワーインストラクター講座」、近し!!

受講番号3番。いよいよ6/28から始まる。朝10時から午後4時まで生徒になるのだ。それは考えたら、かなり無謀なことになる。往復の時間を含めて、計8時間が「自由」なるなど「ありえない」からだ。が、先生にも頼んで、携帯をマナーモードにして鳴ったら出る形にして頂いて、続けるつもり。色々準備するものがあるが、まだしていない。仕事を続けて行く為の、「命の洗濯・感性の錬磨」と思えば、なんのこれしき!! 今は 「春を待つミヨちゃん」の気分である。ちなみに全6講座、11月には終了。また、作品はブログにアップしますから、見て下さいね。


DSCN0470.jpg

PageTop

盂蘭盆会(うらぼんえ)

お盆は、「盂蘭盆経」という経典に説かれた物語にもとづいて営まれる仏事です。ただ、現在の日本では日本古来の民族的宗教的色彩が濃厚で、例えば、迎え火・精霊棚などがそうです。宗派によっては民俗信仰を嫌うところもありますが、由来を書いてみます。

盂蘭盆とはインドの梵語でウランバナ・・漢語で「倒懸(とうけん)」・・つまり逆さにつるされたような苦しみ・・「地獄の苦しみ」を表します。地獄の苦しみを受けている人を、この世から供養して救って上げようと営まれるのが「盂蘭盆会」です。

お釈迦様の十代弟子の一人、神通力一の目連(もくれん)ある日、亡くなった母が今どこにいるか神通力で探しました。まず極楽浄土を隅々まで探しましたが、見つかりません。天上界にもいません。仕方なく、136あるという地獄を探しました。すると何番目かの「餓鬼道」に母はいました・・。母は醜い餓鬼の姿になっていました。目連は母が何故地獄に落ちたのか、神通力で見てみました。仏教では「因果」ということをいいますが、それぞれの行動・言動などの原因で「果報」としての結果があります。神や仏が裁いて決めるのではないのです。母は目連には優しい母でしたが、他人には施したり恵んだりしない、むごい仕打ちをする人だったのです。それもこれも子を育てる為に必死だったからだ・・・・目連はたまらず、鉢にご飯を盛り、母の元に駆けつけましたが、母が食べようとするとたちまち火になります。何度しても、燃えて炭になってしまうのです。目連は泣きました。そして、泣き泣き、お釈迦様に相談しました。お釈迦様は、「お前一人の力では救えない程、母の罪は重い。夏安吾の終わる日、すべての仏弟子に供養しなさい。」と話されました。そして仏弟子には、目連の「七世の父母」のために祈念するよう命じられました。目連は供養の食べ物を「盆」に盛って、お釈迦様・大勢の仏弟子に捧げてご馳走しました。人々は喜んで踊りだしました。その時目連の目に、ほほ笑みながら天上界にのぼって行く母の姿が浮かびました。これを見た仏弟子たちはさらに喜び、何重にもなって歓喜の踊りを踊りました。・・・・これが「盆踊り」のおこりと言われています。



DSCN0469.jpg

PageTop

平等院ミュージアム

「BYODOIN MUSEUM」となっているから、京都府宇治市の平等院の美術館と思う。おみやげに「しおり」を頂いた。極楽を表し、鳳凰が羽根を広げている姿を模して、建てられたと言う平等院。美意識は古人の方があったやもしれない。今の世、情報過多で創造力・想像力に欠ける。感性は五感で生まれる。五感に枝葉が多すぎると邪魔になる。温故知新、古人の言う事は重みがある。


DSCN0468.jpg

PageTop

お米を使って自給率を上げる。

右は新潟産こしひかりを使った白いパン。左は豆乳入りの白いパン。どちらも生協で買ってきたがどこにでもあるパンだ。フワフワ感は左、しっかり感は右。「白い」パンが好きなので、どちらでも良い。先日、お米を使った食品を広めようと、福田首相も試食して曰く「噛めば噛む程、味がある。」と言われていたが、お米入りはホントにおいしいのである。生協でも時間によって売り切れのときもあるから、おいしさは皆さんすでに分かっているようだ。とにもかくにも食料自給率が40%を切る国になっては困る。かっての日本は「黄金の国」と言われ「金」が採れるばかりではなく、稲穂が実って田畑は「黄金」に輝いていた。確かにお米ばかり食べる食生活ではなくなったが、工夫して活用してみたら立派な炭水化物源として、力になって行くと思う。特に若者よ、しっかり食べよ!! ダイエットなどするな!! 歳とれば、自然に嫌でもやせるから・・・。



DSCN0467.jpg

PageTop

吉祥寺 焼き鳥屋「伊勢屋」

ここは有名な「焼き鳥屋・伊勢屋」。信号で止まっている間も、焼き鳥のいい香りで仲間入りしたくなる。作家や歌手が頻繁に出入りし、「立ち飲み屋」なのに定席があるというほど、人々に愛されている。以前は「しもた屋風」だったが建替えられてビルの一階になったが、昼間っから男女が待っている。辻仁成氏の「代筆屋」という本にも登場し、その描写からして辻氏も通っていた事は間違いない。なんとなく曇っているのは、煙りのせいだ。写したのは日曜日夕方5時頃。ほんとに急にお腹がすいて、「くっ~~~~」と鳴った。塩味の皮、タレのリバー、七味のきいた手羽先・・「おじさん! 3本追加して!!」


DSCN0465.jpg

PageTop

現実思考抄    藤本義一

 私は三十五歳の頃にこれに気づき、事に仕える"仕事"よりも、自分自身に仕える意識を強く持とうと思い付いた。
 その結果"仕事"という感じ方を一切捨てて、己に仕える"仕己"(しこ)に徹すればいいと決めたのである。
 己の求める道、己の目標、己の生き甲斐の原点等を時に自分で確認して事を選んでいくのが最も納得できる自分の生き方ではないかと考えると、次第に前方の可能性が明らかになっていくものである。

         METORO AGE (2008.5.27発行)  創刊号
                    「現実思考抄」 藤本義一 (脚本家)より  抜粋      

DSCN0466.jpg

PageTop

東山魁夷作「緑 響く」

東山魁夷の生誕百年展に行った時、確かにこの緑鮮やかな「緑 響く」があった。これは朝日新聞の広告だけれど、今の印刷技術はすごい。同じような色調である。左の額に入った絵は知人の個展で購入したもの。緑色が好みの色調だったので頂いたが、今思えば、この白馬は彼の脳裏のどこかに東山魁夷が入っていたかも知れない。草原で3頭の白馬が草をついばんでいる絵は「静寂」より「団欒」を思わせるが、この明るさは嫌いではない。「静寂」な東山魁夷の精神の格調の高さはこの白馬が語っているけれど、この緑は心に響いて背筋がのびる思いがする。が、私は知人の絵でも、見ているとホッとする。平和を実感出来て・・・。

岩手・宮城の地震。被災者の方は、緑の山に押しつぶされた。自然の怖さ。亡くなった人に、合掌。



DSCN0463.jpg

PageTop

副都心線開通

日本で最初に開通した銀座線(昭和2年)から、80年。6月14日に、東京メトロ9番目の路線が開通した。和光市~~渋谷の20.2キロを16駅が結び、池袋・新宿・渋谷をつなぐ。東京の地下の過密は世界有数で、しかも世界トップの地下土木技術を持つ。ライフラインが入り組んだ地下の隙間をぬって横穴を掘って行く「シールド工法」が行なわれている。「地下鉄建設技術の集大成」とも言えるプロの技術に、海外からの視察に来た技術者も驚くと言う。副都心線の開通は人の流れを変え、利便性・快適さを充実させるだろうと言われている。

以上、「URBAN LIFE METRO no.60」からでした。(実は私、何年も地下鉄に乗ったことがないんです・・・・。)


DSCN0462.jpg

PageTop

生き続けること

この写真の本は、20年近く前の本だ。その頃は「一億総中流意識」があり「勝ち組・負け組」と言う言葉はなかった。また、事件はあったとしても「無差別殺傷通り魔事件」とかはなかった。まだバブリーな時代で、飽食な時代であった。自殺者年間3万人などの時代になることも予想されていなかった。そんな中でも、困難な病でも打ち勝って生きて行こう、甘えずしっかり自分の考えで生きて行く・・・そんな本が人々の心に響き、力になった。「癌」にかかっても負けない姿勢に感動した。

そして、20年経った今、改めて命の大切さが言われている。この本は、ほんとに必死に生きようとした人の本で、心の甘えをはぎ取ってくれる良い本だ。生き続けることは、実に困難が伴う。困難は、生き続けることで解決される。まず、生き続けなければならない。


DSCN0460.jpg

PageTop

梅雨の晴れ間

朝日を浴びて、明るい出窓。

押し花ハガキ・押し花封筒の袋詰め。小物も手間が掛かります。

夕刻の霞ヶ関。「居酒屋タクシー」などで公費の無駄遣いが問題に。ここは外務省と文部科学省が写ってますが、財務省はどこでしょうか・・・

昨夜「ちょっと寝」が、気づいたら朝5時。夏日は疲れます・・・・。トホホホ・・。



DSCN0456.jpgDSCN0457.jpgDSCN0458.jpg

PageTop

いわさきちひろさん

いわさきちひろさんは33才ぐらいから、練馬区下石神井に住んだ。55才で亡くなるまで、子供を題材としたメルヘンチックな絵を描いた。誰でも一度は目にしたことがある、あの母性愛あふれる絵だ。住まいの後に「ちひろ美術館」がある。通りからちょっと奥まった所に、静かに建っている。ここの名誉館長は、黒柳徹子さん。ユニセフで世界の子供達への寄付を呼びかけるハガキなど、ちひろさんの絵が使われている。波乱多き人生ながら、ちひろさんの信念に基づいた絵だからこそ、愛情が人の心を打つ。
一度、見に来て下さい。
        練馬区下石神井4-7-2
            03-3995-0612    10時~5時  月曜休館  
                     (詳しくは問い合わせて下さいね。)

DSCN0455.jpg

PageTop

「父の日」が近づいて・・

「父の日」が近づいたので、実家に送り物をした。父が亡くなって26年、一人で暮らす母に「お疲れさま」の意味を込めて送る。「お父さん ありがとう」と書いてあるカステラと新茶と「ご仏前」の金一封。父の死はあまりに突然だったため、「親孝行」の「お」の字もしていないが、「親不孝」は一杯したという思いがある。ファザーコンプレックス以上に、父に対しては思慕の念がある。父の歳を越えた私なのに、父の膝に座っている安心感が忘れられない。そして、母。そんなに無理しなくても、いいんだよ・・・。カステラとお茶で、ゆっくりしてね。

何の手入れもしていないのに、胡蝶蘭が咲いた。さすがに、すぐちょん切って押し花に出来ない・・・・。


DSCN0454.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。